お父様が愛された統一神学校で

先週は、統一神学校で教会のPASTORSたちのコンファレンスがありました。 

コンファレンスのテーマは「Reinvent」「再考案」でした。

最初の日は、まず自分と神との関係を再確認する日で、そこで話された内容は、そこだけに留めておくという約束、原則があります。

これは、後で噂ばなしをされないという安心感の中で、なんでも自由に話せる環境、信頼関係の中で癒しがもたらされていくためだと思います。

そこでは、自分の中の「失望」「恨み」などを、正直に見つめ分かち合う時間がとられました。そして、多くの涙も流されました。

それなしには、前に進めませんし、真の意味で他に影響を与えることもできません。その日は、会議の中で一番、重要な日だったと思います。
 
その夜は、統一神学校にある聖地で、ペアになりお互に自己の抱える問題を語り合い、祈りあい、その後はみんなでお祈りをしました。

2日目からは、2020プロジェクトのための具体策、具体案を、さまざまな観点からそれに、精通するプレゼンターが選ばれて、その後で、時には小さなグループに分かれて、討論をしたり、意見を言う場が設けられました。

 この会議に参加させていただいて、これからは、アメリカでそこに集った兄弟姉妹とともに、全力投入をしていきたいと思わされたことです。

健康体は成長するものです。伝道もわれわれが、健康であれば、おのずと「伝道したい」と思うわけです、ね。

今回、正直に過去を見つめ、未来を検討することができたすばらしい会議でありました。

これ(歌)は去年のLLMからですが、この度、聖地でも、この歌を歌いました。私たちが、開拓伝道の地で歌った懐かしい歌でもあります。

アメリカの先輩の指導者たちは、日本人や韓国人の開拓伝道者に伝道された人が多いです。
また、彼らは、永遠に、ご父母様に出会えたことを感謝すると言われます。

キリスト教を背景にもつ兄弟姉妹たちは、霊的に導かれてご父母様にメシアとして出会っているので、信仰の根が、とても深いです。

艱難のときにこそ、その信仰の深さが現れるようです。

[Advertisement] VPS


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
If Life Were Gracious Enough
By Kristina Seher and Mark Ungar
C G Am F G C G
If life were gracious enough to grant my way,
C G Am
I would reach to the ends of the earth
D7 G
To give love in every day.
Am Em
And each would find his home
F G C E7
With peace and friendship there;
Am Em
Where joyous songs abound
F G C (G)
And happiness to share.
If life were gracious enough to grant my dream,
I would see your face in the stars
And hear your song in every stream.
The comfort of your smile
In the warm caress of spring,
In the dance of life all the while,
I feel your love in everything.
We will make life gracious enough
To fulfill our dream.
We will lift off the weight of the world
And our love will blossom supreme.
We will free each heart from the pain
And anguish of the past.
Through the preciousness of our love
True Joy will reign at last.
'C alt.-Em

 
Related Entries

Post a comment

Private comment

The Able-times 
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新の記事です
過去の記事を別に読む
記事を項目別に読む
投稿、コメントにおける注意事項
投稿はコメント欄で「投稿記事希望」と書いてコメント欄を使い送ってください。 。記事投稿の際、国名、また教会員の方は所属先とお名前も、ご記入ください。記事記載におきましては、お名前は実名、ハンドルネーム、匿名希望でも、かまいません。
「勝利者になりなさい」 10・20・2004イーストガーデンで。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.