字幕入りのビデオ「統一教会メンバーに対する拉致と自由の剥奪」ジョージ・ワシントン大学アミネスティー・インターナショナル

 3月19日のジョージ・ワシントン大学アミネスティー・インターナショナルのイベントが成功裏に終ったようです。
 
ジョージ・ワシントン大学アミネスティー・インターナショナル学生部のフェースブックでも、宣伝された今回のイベントには、「日本の人権侵害問題」に関心を持ったジョージ・ワシントン大学の学生たちが数多く参加され有意義なイベントとなったようです。

省略されたビデオですが、全体の流れをここでご覧になっていただけたらと思います。

アメリカ在住の拉致監禁の生還者たちのひとりひとりの証も聞くことができます。

まずは、ぜひ日本語の字幕入りのビデオをご覧ください。(記事の追加をしますので、また、このブログ記事を訪問してみてください)

[広告] VPS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 
Related Entries

Post a comment

Private comment

敬意

拉致監禁問題を取り上げてくださった米国アムネスティー・インターナショナルの方々に、心から敬意を表します。

残念ながら、事件の起きた日本では、この問題を取り上げる人権団体もマスコミもまだ出てきていません。

米国での活動が津波のような大きなウェーブとなって日本に押し寄せてきて、日本人を目覚めさせてくれることを期待します。また、そうなることを信じます。

Re: 敬意

私も、そうなることを祈ります。アメリカは、打てば響くというところがあります。
米国は、数少ないですが拉致監禁生還者の方が、先頭を切り、内外ともの突波をされているように感じます。私も支えられたらと思います。


> 拉致監禁問題を取り上げてくださった米国アムネスティー・インターナショナルの方々に、心から敬意を表します。
>
> 残念ながら、事件の起きた日本では、この問題を取り上げる人権団体もマスコミもまだ出てきていません。
>
> 米国での活動が津波のような大きなウェーブとなって日本に押し寄せてきて、日本人を目覚めさせてくれることを期待します。また、そうなることを信じます。
The Able-times 
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新の記事です
過去の記事を別に読む
記事を項目別に読む
投稿、コメントにおける注意事項
投稿はコメント欄で「投稿記事希望」と書いてコメント欄を使い送ってください。 。記事投稿の際、国名、また教会員の方は所属先とお名前も、ご記入ください。記事記載におきましては、お名前は実名、ハンドルネーム、匿名希望でも、かまいません。
「勝利者になりなさい」 10・20・2004イーストガーデンで。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.