パシセラさんの例「インターネットのマナー」記事の除去請求

 

 今回のこの記事は、オーストラリアのリーダーL氏のパシセラさんの書かれた記事への「除去への要請」により、緊急に書くことにしましま。これに、まつわる件でもありますが、私が最近とても心を痛めている「インターネットを通しての人権侵害」についても、また後ほど日を改めて書くことにします。beautiful birds


 今日はまず、結論(本題)から書いていきます。

 皆さんにも、目を通してほしいのでパシセラさんのコメント欄にも(送れれば)もちろん送ろうと思いますが(アメーバの会員しか送れないようですのが)まず、最初に、ここに記します。


 パシセラさんは、先週頃に「文亨進会長に対する手紙(1)(2)(3)」を本人の許可もなく無断で全文を記載され、その手紙により「他を批判する行為」をされていますが、それは完全な名誉毀損、人権侵害です。

 

 ましてや、パシセラさんの機械の日本語訳(パシセラ訂正)も正確ではありません。しかし、ここでは、それには繊細に触れません。というのは、手紙を書かれた本人、L氏がこの手紙が、公になることを最初から許可していないなかったからです。)

 また、パシセラさんが、L氏の手紙を無断で公にして、かつ他を批判、攻撃、中傷をすることに使われていることに、大変、L氏は憤慨し悲しんでおられます。 

 パシセラさんは、直ちに「文亨進会長に対する手紙(1)(2)(3)」の記事を除去すべきです。

 手紙を書かれた本人と、その目的を無視して、さらに不正確な訳を加えた上で、自分勝手に解釈を加え、何も事情を知らない読者を惑わせるべきではないと思います。

  今日、出されたパシセラさんの記事「...病」にも「その一つの側面が、リーダーが全てコントロールしようとする姿として出てくるし、リーダーを個人崇拝をする姿勢に現れて来るようにも思われます。 先日の、文亨進会長に対する、オーストラリアのリーダーの手紙にもこうした問題があらわになっています。」 などと、L氏の手紙のことを持ち出し 教会のリーダー批判に使われています。

 L氏は、それに(氏の手紙を根拠に他を批判すること)対しても、とても憤慨され、苦痛を味わっておられます。

 パシセラさんは直ちに「文亨進会長に対する手紙(1)(2)(3)」の記事と、手紙を引用した全ての記事を除去し、L氏に心から謝すべきです。

 インターネットのマナーをわきまえるべきです。beautifulirds.jpg



 パシセラさんが、引用されたとおもわれる「ダミアン アンダーソン」(教会の誹謗、中傷をよく書き、作り話を作るのが得意な人)は、L氏から直接「記事除去の要請」を受け、それを受け入れ、除去されました。
 
 この手紙は、個人的な文会長への手紙であり、現在、間違って公的されていたとしても、公的にされるべく書かれたものではありません。
 パシセラさんが、知らずに記事を書かれたのであるというばらば、今、ここで手紙を書かれたL氏の意思を、お伝えしましたので、除去をすべきです。


 L氏は、私の元リーダーであり、アメリカで長く指導者をされてきた方です。とても、愛情が深い方で、とても謙遜な性格のゆえに、多くの教会員から、慕われてきました。
 L氏は、ご自分の手紙自体が、許可なくブログに載せられたこと、かつ、その手紙を使い、教会のリーダーや、教会の批判に使われていることに対し、悲しく思われています。

 L氏は、大変、真のお母さまを信頼され、現在の文亨進会長ご夫妻の今後、これからの教会の変革に対するリーダ-シップを信頼し、希望を持たれています。father with DrKim




 以上は、私が、L氏と個人的に交流して得た情報です。



 また以前、パシセラさんの「誤報記事」が、米本氏に引用され、教会の情報が偽りをもって、ブログを通し公に伝達されましたので、また、後ほど、今回の「記事訂正」の記事を書くことになったついでながらですが、その件も訂正させていただきたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
Related Entries

Post a comment

Private comment

あの人たちは、いつもそうやって、ありもしない情報を撒き散らし、無責任に教会批判・ご家庭批判をしていますね。

この記事を見たとして、また自分のコメント欄を読んだとして、まともに良心が通じる人かどうか? 疑問ですが…

早く記事を削除して、変な誤解が拡散しない事をお祈りします。

Re: さんじゃさん

「あの人たちは、いつもそうやって、ありもしない情報を撒き散らし、無責任に教会批判・ご家庭批判をしていますね。」

そうです。自分たちが正しいことをしているのだったら、正々堂々と正直に、筋を立ててやればいいわけです。
「不正なやり方や、誤報をもとにして、批判する事」に、異議を申し立てているだけであって、「単なる教会批判」に異論を唱えているのではないという、この2つの違いを、彼らは[米本氏を含む)は、認めるべきです。彼らの言葉の巧みさに、巻かれてしまうことがないように、しないといけません。


> あの人たちは、いつもそうやって、ありもしない情報を撒き散らし、無責任に教会批判・ご家庭批判をしていますね。
>
> この記事を見たとして、また自分のコメント欄を読んだとして、まともに良心が通じる人かどうか? 疑問ですが…
>
> 早く記事を削除して、変な誤解が拡散しない事をお祈りします。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.