今でもキラキラと、、、。

  日本から先々月帰ってきてブログを久しぶりに書こうと思いながらも雑多(?)に追われ書くことができずにいました。

  去年、今年と2年続けて日本に帰ってきました。今までは悲報を受けて緊急に帰ることがほとんどでしたが、これからは無理をしてでも故郷に習慣的に帰ろうと決意したのでした。
 
 今回は、韓国の清平での修練会を終えた2人の子供を韓国から静岡空港まで飛ばせて私はシカゴから中国経由で静岡に飛びました。昔、遠足でいったあの牧の原台地に空港ができ、飛行機がそこに着陸したときは涙が出そうなぐらい感激をしました。
 子供たちには初めての日本訪問、親戚との初対面となりました。
 話に聞かせていた「そびえたつきれいな富士山」を見せてあげようと毎日、空を見回したのですが残念にも見えなかったのです。
 義理兄に聞いてみれば、夏は雲や霧で富士山は見えにくく、秋や冬にはくっきりと見えるということでした。

  私の心の記憶の中では故郷には富士山が365日、見えていたはずなのでした。
 娘は汽車の窓から、かすかに頭を見せていた富士山を見つけては嬉しくて写真を何枚も撮っていました。
fuji.jpg


 
  姉の家族のところに滞在しながら、たくさんの懐かしいところをたずね、親戚、友達にも会いました。

  いまだにボスである姉に買い物につれていってもらい、きれいなアクセサリーのあるところを通りながら「あなたは、キラキラしたものが好きだったよね~。」と姉からしみじみと言われました。
 
  私としたら故郷の思い出といえば「蛙にどじょう、せみ、とんぼ、ばった、くわがた、カブトムシや魚とり」なのです。
そしてそれが、どんな宝石にも勝り私の心の中では、色あせずに輝いているのです。

images (2)images (1)

でも姉にそう言われてみればイルカさんの「夢見る少女の頃は~」という懐かしい歌に出てくるように「毎日、ビーズに糸を通していた」時もあったのでした。

 373533-bigthumbnail.jpg

 
  私は36年前、19歳で統一教会に出会い野村健二さんという方が書かれた統一原理の入門書のような本を最初に読んで目からうろこが落ちるほど感動をしたのでした。人生の中で、最高の宝を見つけたように何かとても魅力的な世界に惹きつけられていったのを思い出します。(すべてが魅力的な世界ではありませんでしたが)
 「目からうろこが落ちるほど感動をしていた」と表現をしたのは、その当時はたから私を見ていた姉でした。

  それから教会で献身的に歩み31年前の今日9月27日、同志100名の兄弟姉妹とともに松涛本部(?)で古田(元)副会長たちから激励のお言葉をいただき、200名人事の第2陣としてアメリカへの人事をうけたのでした。
 人事先はNYにおられた神山先輩のもとで振り分けられ、全米の開拓伝道所でした。
 
  

  あれから30年プラス、自分が選んだ道は紆余曲折があったし、これからもあるでしょうけれども、今でもこよなくキラキラと輝いています。
  
 corn feild

 今年の春にラスベガスの会議に参加させていただきました。
2世の新しい指導者が企画したユニークな会議でした。
 (会議に参加して、今何をしているの?と問われると頭が上がらない立場なのですが、、、、、)

 そこで全米の指導者の人たちが、過去にも勝るゆるぎない信仰の中によりひとつになりつつある姿に出会い感動をしました。
いろいろな方々と正直に話しを交わす中で、私たちの統一運動体は大きな試練を何度も乗り越えながらより洗練されつつあるとも感じました。 
616711673973804658.jpg

 
 ダイヤモンドは炭素(たんそ)から出来るのですね。

 永遠の輝きを誇るダイヤモンドと鉛筆の芯との違いは何なのだろうと考えます。

ダイヤモンドは地球のすごく深いところで物凄く熱い上に強烈な力で圧迫され、押さえつけられて出来るようです。

 その為に炭素の粒子たちが強く結び付けられ、そしてダイヤモンドとなっていくようです。
 
まるで、私がラスベガスで会った多くの兄弟姉妹たちのようです。
 
  今、天におられる真のお父様とひとつとなられたお母様の率いられるの世界平和家庭連合を中心とした統一運動は、
ダイヤモンドになる過程を通過しているのかもしれません。

 私は、最近の統一運動、家庭連合の中で、より御言葉の本質が吟味されるようになり何が私たちの根幹となるものなのかということが、より明確に提示されるようになり、とても感動をしているものの一人です。

 31年前に渡米する私たちに激励の言葉を持ち、心配しながら送り出してくれ育ててくださった私の家族と日本の大家族の皆さんに感謝をこめて、この歌をお送りします。
 数ヶ月前、はじめて耳にして以来、時々私の心の中にも流れるようになりました。

 サライ(心の故郷)

" target="_blank">


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

真のお母様の天の知恵ー私たちが人間の5%で悟るべき世界


mother 2

 一昨日は、文亨進会長の手紙を読み、今日は新しく米会長になられたバルコム米会長からの手紙を読みました。
そこでは、お父様がずっと前から、話してこられ待望してこられた地上における残されたお父様に対する義務を一人ながらも、勇敢に果たし終えられたお母様をご覧になられて、とても感動されたと言われていました。
830518_3839563886022_40155971_o.jpg


 それまでの、お母様の深刻さは、基元節の重要さと、尊厳さを反映していたものだったのだと。
 その後の昼食会では、あたかも、重い肩の荷がおろされたかのように本当に、お母様は、変わられていた(TRANSFORMED)と言われました。 
823341_10151457644324182_640012686_o (2)

 また、文亨進会長ご夫妻は、アメリカの教会が大変な困難な時に来て屈指の試みをしてくださり、アメリカの教会が最も助けが必要な時にいてくださり、癒しと希望をもたらしてくれたことを心から感謝しますと言われました。
rev_hyung_jin_moon_townhall_meeting_atlanta_new_york_01.jpg
rev_hyung_jin_moon_townhall_meeting_new_york_02.jpg

 今回、文亨進会長ご夫妻の人事は、アメリカ会長と言う立場から、世界会長としてのより大きな任務に集中してほしいとお母様により願われた故にということです。 (要点だけ.正確さ欠如ゆえ、本文を参考に)
 今は、23日から始まった指導者の会議のまっ最中で、お母様は、その会議でも短いけれども、説得力のある話をされました。
 バルコム会長は、7年間UPF(天宙平和連合)に携わったことがあるけれども、今回の会議は、今まで、経験してきた中で最もすばらしいものだったと。
wide-1T0A5595.jpg

 現職の大統領、ファーストレイディーたちや、総理大臣が、多く参加され、あたかもアベル国連の精神が形作られて来ているというのをのを、本当に感じることができたと言うことです。(要点だけ.正確さ欠如ゆえ、本文を参考に)

 今回のタイトルは、お母様が、お父様に従っていかれたように、私たちも、ご子女さまが、そうされているように、これからは、天の知恵を持たれたお母様を絶対的に信じて従う時だと思って、つけました。
 [Advertisement] VPS


 もう2年以上の前のことだったでしょうか?ジェンキンス牧師による統一原理本体論の修練会がラスベガでありました。
わたしも、そこに参加させていただきました。
 ご父母様もラスベガスにおられると聞いていましたが、修練会の朝の訓読会に来てくださるかは、わからないとのことでした。
 顕進様にお会いしたくて、そこで待たれておられると言うことも聞いていましたので、私もお父様が修練所に来てくださることよりも、顕進様にお会いできるようにと祈る気持ちでいたのを覚えています。

 そんなある朝(だったとおもいます)お父様が突然こられ「お父様も、いろいろなことで、心が憂鬱になるときもあるんだよ」と言うようなことを言われ、訓読会を始められて、そこでお父様が読むように指示されたみ言葉が「平和を愛する世界人として」からの「私の妻、韓鶴子」でした。
 
 ご父母様が、苦しまれる世界を垣間見て、私の心も痛かったのを思い出します。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


 平和を愛する世界人として

第五章 真の家庭が真の人間を完成する―結婚と愛



私の妻、韓鶴子。


私は、三年間、妻を信徒の家に間借りさせました。また、教会には一日に一度しか来られないようにしました。それも、夜に来て、来るときは正門から入っても出るときは裏門から静かに出て行くように言いました。その上、私は夜通し礼拝をしたり祈祷を捧げたりするので、頻繁に妻の元に行くことができません。その間も、私をめぐるおかしな噂は途切れなく続いたので、年若い妻が耐え抜くのは容易なことではありませんでした。

結婚した頃は、すでに全国に百二十ヵ所以上の教会の基盤を築いて、かなり有名になっている時でした。教会の中でさえ私の結婚をめぐってさまざまな声があり、妻をねたみ、怨んで、あらゆることを言って騒ぎ立てました。

しかし、私が妻を間借りさせただけでなく、どこへ行くにも妻の代わりにお婆さんたちを連れて回るので、妻に対してああだこうだと言っていた声は次第に消えていきました。最初の娘が生まれた頃、産後の関節痛にかかって、暖房もない部屋でぶるぶると震えていても、夫の私が顔も出さないので、どうしてそんな冷たい仕打ちができるのかと、かえって妻をかばって心配する人が増えました。

「先生もあんまりだ。結婚したのなら夫人と一緒に暮らすべきなのに、あれは何だ。顔を見る暇もないとは」

こうして、妻の悪口を言っていた人たちがかえって妻に同情し、一人、二人と妻の味方になっていきました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
The Able-times 
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新の記事です
過去の記事を別に読む
記事を項目別に読む
投稿、コメントにおける注意事項
投稿はコメント欄で「投稿記事希望」と書いてコメント欄を使い送ってください。 。記事投稿の際、国名、また教会員の方は所属先とお名前も、ご記入ください。記事記載におきましては、お名前は実名、ハンドルネーム、匿名希望でも、かまいません。
「勝利者になりなさい」 10・20・2004イーストガーデンで。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.