私のマッチングと祝福結婚-祝福か呪いか?

 28年まえの今日、私と夫は文鮮明、韓鶴子ご夫妻により、祝福結婚をさせていただきました。
1275x2人の方とともにです。  
 私たちのはじめての出会いはそれより2年弱前1987年の3月27日のニューヨークでのマッチングのときです。
 
 アトランタというジョージア州の首都の町で、私たちが教会のファンダレージングをしていた時のことです。
 
 夫はシカゴにいました。

 「マッチングだってよ~」といわれ、途中でファンダレージングをやめて、アトランタからたくさんの兄弟姉妹とともにニューヨークに向かったのでした。(バンにのってだったでしょうか)
 覚えていることは、ファンダレージングは7ドルしかできていなかったけれど、「ラッキー7だ」と思ったこと。
アフリカの方と受けるかもしれない、国際の結婚で反対されないように家に電話をしようとしたこと。また、いい服がないと気をもめていたら、その頃のリジョンの副リーダー、中村惣一郎先生に「きるものより内的な準備をしなさい」としかられたこと。
 (中村先生は西洋の兄弟姉妹がいるところでは、日本語をしゃべるなと私たちに内的な道徳的な教育をしてくださいました)
  
 服は先輩の姉妹が、お母様が初代劉教会長婦人にあげられ先輩の姉妹がいただいたという仁進様のピンクの服をかしてくれとこと。体格のよい仁進様だったのでしょう、私にピッタリだったこと。
  
 
 あの頃、私はお父様のみ言葉の「一番すばらしい祝福は、未開拓地の無学な人を相対に迎えて、すべてを乗り越えて、一番幸せなカップルになることである。そのカップルはすべての人々を抱擁できるようになる」というような内容に、私の理想も描いていたころです。

 お父様が選んでくださった相対者は、アフリカ人ではありませんでした。アメリカ人でした。
夫は冗談で、お父様は心の白い(清いという意味)アフリカ人ではなくて、霊人体の黒い自分(白い黒い人)を選ばれたのだといいます。
 (いろいろと悩んでいたらしいです)
 夫はたちなさいといわれてから、だいぶ長くたたされていたようでした。
お父様が、すごく近くを通られたときに、メシヤであるお父様のおなかをぐいぐい押したんだといっていました。
 (私はそれを後で聞いたときに、イエス様のきものに必死の思いでふれた長血をわずらう女のようだと思いました)
 私は「身長160センチ以上の女性立ちなさい」といわれてその中の一人としてたちました。

  夫の唯一の希望は「背の高い女性」だったようです。
 私は、日本にいたら、169CMの大女です。
  共通点は、学生時代は運動が得意で夫はフットボール、私はバスケに命をかけたことがあるということだけでした。

  しばらくして、私にお父様が指できなさいといわれ、その瞬間、私の夫との 歩くだけでもすぐに、ずっこける永遠の二人三脚が決定しました。

  
 今日はメシアであられる、ご父母様に心から感謝をこめて昔をふり返り書かせていただきました。
また、この2017年が統一家にとり多くをかき抱き、飛躍と祝福と実りの年となりますように。
 HAPPY NEW YEAR 2017
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


 

Read more

 ご無沙汰しています。(写真、イラストを追加)

 ご無沙汰しています。

ブログを書くのを止めて1年以上になりますでしょうか?

 この一年は、いろいろありました。 

ひとつは、おばあちゃんになりました。

jjj grandma

あれれ!!

こうかな? qqqq.jpg

こんな感じかな?zzz.jpg

 長女とボーイフレンドとの間の赤ちゃんです。

名前はノアといいます。

 私の心を随分悩ませた娘なのですが、、。

http://abletimes.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

  「こんな町には住みたくない!」「ママ、大嫌い!!」と言って18歳になったとたんに遠く離れたNC州へと家を出て行ったのです。
 (実際はGOPとかBIA BTAなどで、13歳から教会関係の学校で遠くところに行かせていたので、思春期は殆ど家を空けていたと言っても加減ではないのですが)

 幼少期からも親の愛を必要な時に与えてあげなられなかったこと、親がいい見本ではなかったこと、成長の段階で一番、不安定なときに、押し出すよう遠くに送ってしまったことばどを反省しています。
 
 2年前に「どこにも行くところがない、うちに帰ってきてもいい?」と言ってこの町に帰ってきました。

  ボーイフレンドも数ヶ月後、ついてきました。

 彼はこのアメリカ中のどこを探しても、こんな悪い若者を見たことがないと思えるくらい問題を抱えている青年でした。

  娘は(悪いものの中から)宝を見つけんだと言いました。
 
 しかし彼女の愛する力、あきらめない情熱は、すざましいものがあります。

彼女は私に、物事を遠隔的に見ることなどを教えてくれました。

 表面的には、まだいろいろ問題がありますが、心の深いところでは彼女が生きていてくれるだけでも感謝なのです。

ddd.jpg



  私が時たまなのですが、ノアを抱いてあげると娘は心から嬉しそうな顔をします。

  あんな、ほのぼのとした娘の笑顔は長年ぶりです。
hhh.jpg

  娘は母になって、また、私の娘に戻ったようです。

eeee.jpg

  「全ての人は、神の内的な性品が現れている神の個性真理体だ」と思います。 

  祝福にこだわる心があったのですが、生まれたノアに出会い、その統一原理のみ言葉が心に

  響いてきました。

  
 また「のろのろ運転の裁判」には、4回ほど隣の町まで裁判所に足を運ばせました。

 (http://abletimes.blog.fc2.com/blog-entry-65.html) 
nnnn.jpg

 その裁判室には交通裁判のケースをいとも簡単に手馴れたよう口調でかたずけていく、ある一人の裁判所側の州の(専門)弁護士( the state's attorney )がいるのです。

 「罪を認めて罰金を今払えば(たとえば240ドル、または500ドル)、記録にも残らないし、、、今日で終わる 。 私が呼べば(チケットとあげた)警察官がきて、、、。」とかいって「今、お金と払えば、面倒なこと(記録に残るし、罰金も大金がかかる)にならず、ずべてがきれいになる」みんなを怖がらせながら、これはいい取引だような内容のことを言うのです。(正確には覚えていませんが)
3回か4回、裁判所に通わされ,その度にお金を払って妥協をした方が得だというようなことを聞かされました。(みんなにそう言うわけです)
 
 最終的には、私に罰金のチケットをくれた(呼べばすぐ来るはずの)裁判官の前で証言するはずの警察官は2回とも裁判所にあらわれず、私は無罪(無効)になりました。私は、念のために弁護士をつけていました。

 もうひとつの大きな出来事は、霊界が本当にあるんだという体験です。これは、家族にとって大きな試練でした.その時は深刻に祈らさせられました。
  zzzzz.jpg

 こんなことを書いていますが今にところは、ブログを継続的に再開する予定はありません。、

http://abletimes.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
 
 実は最近少し気になることがありまして、ここに顔を覗かせていただくことにしたのです。



 私は、新聞もテレビも見ないのですが、大体、大ざっぱですが、日課のようにインターネットのNEWSとFACEBOOKとEMAILとブログ村を超特急の早さで斜め読みをします。
 
 それが、わたしの新聞のようなものです。
そこで回りに何がおきているか、何が話題になっているのかということを大まかに把握しておくことと、そこから自分が求めている情報を得ることもできます。
 
 そこで、ひっかかったのが米本氏のブログの内容です。それは氏が書くことを本職して公共に事実に対する現状や意義、展望を報道する専門家であるという責任ある立場でおられるという理由と、過去、個人的に米本氏のブログに関わったことがあるという理由もあるからかもしれません。

 


 全共闘のスポークスマンだった経歴を持つ、故・ジャーナリスト丸山実いわく:

「あんのじょう出てきた。米本和広というルポライターである。彼は宗教問題に精通しているとは聞いたこともない。」
 (新宗教「コスモメイト」の奇妙な叩かれ方
十年前の創価学会叩きとソックリな手口 ーまた始まった“新宗教狩り”の実態ー『新雑誌』 平成5年7月号より)
 ****http://page.holy.jp/zasshi199307.html****

ccc.jpg

  ジャーナリスト丸山氏、その中でいわく:

一昔前の“新宗教狩り”と全く同じ手口である、しかも、ライターの責任の存在がわからない無署名記事である。
 このような記事は、私などジャーナリストにいわせれば「露払い」と呼んでいる。***責任の所在がわからないから、好きなようにデッチあげることができるわけだ。取材もいい加減で、ほとんどが伝聞や噂でかためてしまう。


http://abletimes.blog.fc2.com/blog-entry-62.html
 



 その件に関しては、新しく記事は書きませんが、過去の記事に少し付け足しをしてみました。
興味がある人は読んでみてください。短刀直入に書いていますが、あくまでも、私の意見です。

 http://abletimes.blog.fc2.com/blog-entry-62.html


BBBBB.jpg



  ではまた。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

Read more

復活祭ー-2人の秀(秀さんと秀ぼう)

 弟からは、少し調子が悪いと電話が!!!

2人の秀に祝福あれ!!! 教会の秀さん、と弟の秀ぼう。


578411_10151545953490921_1404546657_n.jpg
 
A HAPPY EASTER!! EVERYONE!! 復活祭おめでとうございます。

 images (87)images (88)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

春の雪だるま(復活祭をひかえて)

5日前は、春休みの終わりの日だというのに雪がたくさん積もり、次の登校日も、大雪で雪休みとなりました。

その日は、子供たちが、庭に出で、「雪だるま」と「雪猫」をつくりました。子供といっても、12歳と16歳です。

白黒のビデオではないのですが、全てが、白と灰色の世界でした。

 昨日は、暖かく、この、2,3日で雪は解けました。変化の激しい、大陸気候なのでしょう。

わが故郷は、穏やかな気候、私の性格も昔は穏やかでした。

コンピューターのWEBカメラでビデオをとってみました。初めてのビデオつくりです。

天の摂理と春の雪

[広告] VPS


このあたりは(MID WEST)とうもろこしと大豆畑が、車で何時間走っても続く、壮大な土地です。

とても、土の質がいいらしいです。

春は、色とりどりの花が咲き乱れ、秋は、銀色のトウモロコシ畑に囲まれます。

明日は、復活祭です。

店頭には、白百合が並びます。


 images (88)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

私もまた、ジャンプできるかな?

そろそろ、ブログを書きたいと思うものの、一端、書き出すと、だいぶ時間をとられてしまいます。

 また、タイプするのも、とても遅いのです。
ひとつのことに集中すると、ほかの事が、おろそかになるし子供の声も聞こえなくなるので要注意です。
 だから、訳したり調べたりしなければならない記事を書くのは少なめにして、 
 30分ぐらいで、記事が書けるように、自家製の写真などをのせたらとも考えています。

 でも、考えたら、ある時から、あまり写真を撮らなくなりました。撮るときに、その出来事の外側で見ているのをを感じたので、それよりも心の写真に刻めるようにしたいと考えたからだと思います。だから、最近の写真は少ないです。2000年ぐらいからです。
 ブログを書くというのも、似たようなところがあります。
書くことよりも、生きる事が大切で、それが逆転してしまったら危険です。
 赤信号です。

 現実の世界でよく生きることのほうが大切です。

と言うことで、今日は、次女に内緒で、彼女が先ほど、笑い転げて見ていたた彼女の写真をのせます。(子供は、日本語が、わからないので、ブログを見ることはありません)
 ここは町が小さいので、スポーツの試合に勝てば、すぐに地方の新聞にものります。
 昨日は、サッカーの試合がありました。そこで3-0で勝ったようです。夫は応援しに行ったのですが、私は行かなかったので、気分をこわしていました。「どうだった?」と聞いたら「(ママ、関心がなくて)こなかったのに。(どうして聞くの)」と。
 今日は、あさから、すっかり気元を取り戻していて、そこで
 今日の新聞に思いがけない写真が載っていたので彼女は、それを見て噴き出していたわけです。
「見て見て見て」と。どうして、自分が3フィートも、跳び上がっているんだろう?と不思議がっていました。
 
0314_spor_CENTRALuni4 (1)
 http://www.news-gazette.com/multimedia/photogallery/2013-03-13/central-vs-uni-soccer-2013


 ここは親たちが、子供の行事(スポーツや、音楽、なんでも)に家族ぐるみでよく参加するしボランティアも、活発です。
  私よりも3倍、人のためにいきているわけです。
  
 私は、長女には、全く何もしてあげられなかった申し訳ない気持ちがあるので、
 そのせいもあり後の2人には、より介入し投入しているのいるですが、
周りの、親たちほどには行きません。彼らは、お金も余裕もボランティア精神も豊富です。
  彼らを伝道などと、厳かなことはいえないと自己の中で暗黙の了解してきているのです。 

でも、最近感じることは
 「絶対性」という面から、何かこの社会に貢献できる道があるようにも思えてきています。どんなに、幸せそうにみえても、やはり、愛の問題は家庭を蝕んでいるようです。 

The Able-times 
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新の記事です
過去の記事を別に読む
記事を項目別に読む
投稿、コメントにおける注意事項
投稿はコメント欄で「投稿記事希望」と書いてコメント欄を使い送ってください。 。記事投稿の際、国名、また教会員の方は所属先とお名前も、ご記入ください。記事記載におきましては、お名前は実名、ハンドルネーム、匿名希望でも、かまいません。
「勝利者になりなさい」 10・20・2004イーストガーデンで。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.