誠を尽くす.天からのメッセージ。

  偶然とは思えない、印象的な体験は誰にでもあると思います。
神様が、何かを語ろうとされていると感じた体験です。
 私にも、3つあります。
 ここに書くのはその一つです。
 
 1984年11月1日。日本でのことです。
丁度、日本の千円札がタンチョウ鶴と夏目漱石に変わった日だったと記憶します。

 早朝、道路に見事な鶴の絵が大きく描かれいいました。
水で描かれていました。

 まるで水墨画のようでした。

 鶴は足にけがをしていました。
傷ついているように見えました。 images.png

  不思議だなあ思いました。こともの水遊びの落書きにしては上手すぎたからです。

 そのころ、私は、自分がたてた大きな実積目標を果たすために
命がけで毎日を生きていました。
 死を毎日、意識したということです。
 
 外的な目標を達成するためには手段は何でもよかたのです。
目標を達成率は良かったのですが
  心は荒れ果て、罪の意識もうすれ果てていました。

 

  そのころのリーダーはいつも、
 精誠をを尽くすというのお父様のみ言葉を好んで拝読してくれました。

  その日の朝は
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

 それを心に刻んで忠実に心を見つめ人々に無条件に愛の思いを注いで歩みました。
それだけに心を注ぎ込みました。

 その最初の日の朝、そんな不思議なことがあり、

 一週間、毎日そのことを心に止めて歩みました。
 何か天とスパークしたと感じたからです。

 何がスパークしたと感じたかというと
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

という心のうちにたてた内容がです。
 
 その期間は外的な目標の達成率は悲惨なものでした。

 でも一週間来る日も来る日、違う形で「鶴」との出会いが、一番最後にありました。


 私はそこに天の愛と声を聞いたように思いました。

神様は私にこうして毎日、特攻隊のように歩んでほくないんだと。目的成就の為に特攻隊のように生きてほしくはなんだと。
 もしかしたら、
あれは真のお母さまの心との出会いだったのかもしれません。
 
 あの頃の統一家は、ご子女様が交通事故で亡くなられ、真のお父様のダンベリーの刑務所への投獄など、2重3重の苦が降り注いだ年でした。
 ああいう歩みが主を助けるどころか、十字架を負わせてしまっていたのではないかと、それは最近思うようになりました。
 
次の週は「人々に精誠をを尽くす」ことだけを心に留めました。

 その週は[鶴」との出会いこそありませんでしたが
導かれるように最高の実りが毎日与えられました。

渡米して33年、
 身に刻まれたこのような体験は、自分が軌道を外れそうになる時に、どこからともなく必ず蘇ってくるものです。


  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
 
 

神様が見詰めるような観点で書かれた神明先生の論文の素晴らしさ!脱帽! 

  久しぶりの投稿です。

 私は地元のショッピングモールの真ん中で、夫と二人で小さなお店を出しています。
 
 今日夫は、朝からシカゴ行きです。
 なぜかというと復活祭の休日で帰宅していた次娘をシカゴの大学へと送り届けることと、シカゴで友達の家に休日を利用して、お泊りをしていた高校生の息子を迎えることと、また、彼自身の友にも会うためです。
 それで今日は朝の10時から、夜の9時まで、ここモールで店番をしいています。
   
  暇も暇。

 特に月曜日や、休日の後は、モールなのに幽霊が出そうなぐらい静かで暇な時があります。

  でもこういう暇なときこそ、私の心は時間空間を超えて、自由にさまざまなところに旅することができるのです。


 目の前のある「世界への窓」(WINDOW to the world)から、Eメールを送ったり、いろいろな検索をしながら、それなりに時間を有効に使いこなしています。
   
  「世界への窓」というのは私のコンピューターのことです。

WIN_20180402_18_24_59_Pro_201804030924481fb.jpg

  しばらく、この「世界の窓」から高速度で、方々を旋回していたら今日とても感動する論文(??)にであったのでした。
 
 それがとても心の奥の琴線に深く綺麗に響いたのでした。
とても、説得力のある内容だということです。
 
 今まで自分も感じてきたけれども、それがうまく言葉として表現出来なかった内容がありましたが、そういう内容までもが学問的に良く裏ずけられ、説明されています。
 
  それが神明忠昭先生の「Journal of Unification Studies 統一学のジャーナル」に記載されているVolume XVIII - (2017)
 「Were True Parents Born with Original Sin? How to Deal with Their Words on This Matter」です。
 
  これはアメリカの兄弟が自分のFACEBOOKに再記載したものです。
2017年に書かれておられるので、もう日本語に訳されているのかもしれませんね。
 読んでなかったのは、私だけかもしれませんが、そういう気配も感じませんので記載させていただくことにしました。
 
 
 許可を得ていませんのでリンクだけですが。
英語を勉強している2世たちは、読めるかもしれませんね。 
 そうでなくても、グーグルの通訳を利用してでも、読んでみる価値がある、素晴らしい内容だと私は強く思います。
  

 統一運動内??というよりも特ににサンクチュアリー教会と家庭平和協会で、頻繫に話題にされている内容「真のご父母様は、原罪をもちお生まれになられたのだろうか?」と「この件についての彼らの(真のご父母様)のみ言葉に対しての対処の仕方。」が素晴らしい観点からわかりやすくまとめられて書かれています。
  
 Journal of Unification Studies Vol. 18,(ここをクリック)
download (3)
 

  神明忠昭先生と言えば先月、ラスベガスで真のお母さまの前と私たちの前で、人技とは思えないハーモニカを奏でてくださいました。

  また、偶然にすれ違う時は、(といってもほとんどないのですが)、話がしたそうな笑顔をいつも目にたたえられておられます。

お父様いわく
 
 「あんたの目は、神様の目のようだよ」「あんたは神様が見るのと同じ目で物事を見詰めるような人間なんだ」

私いわく

 「 神様が見るのと同じ目で見詰めるような観点でかかれた神明先生の論文に脱帽!!。」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

Read more

今でもキラキラと、、、。

  日本から先々月帰ってきてブログを久しぶりに書こうと思いながらも雑多(?)に追われ書くことができずにいました。

  去年、今年と2年続けて日本に帰ってきました。今までは悲報を受けて緊急に帰ることがほとんどでしたが、これからは無理をしてでも故郷に習慣的に帰ろうと決意したのでした。
 
 今回は、韓国の清平での修練会を終えた2人の子供を韓国から静岡空港まで飛ばせて私はシカゴから中国経由で静岡に飛びました。昔、遠足でいったあの牧の原台地に空港ができ、飛行機がそこに着陸したときは涙が出そうなぐらい感激をしました。
 子供たちには初めての日本訪問、親戚との初対面となりました。
 話に聞かせていた「そびえたつきれいな富士山」を見せてあげようと毎日、空を見回したのですが残念にも見えなかったのです。
 義理兄に聞いてみれば、夏は雲や霧で富士山は見えにくく、秋や冬にはくっきりと見えるということでした。

  私の心の記憶の中では故郷には富士山が365日、見えていたはずなのでした。
 娘は汽車の窓から、かすかに頭を見せていた富士山を見つけては嬉しくて写真を何枚も撮っていました。
fuji.jpg


 
  姉の家族のところに滞在しながら、たくさんの懐かしいところをたずね、親戚、友達にも会いました。

  いまだにボスである姉に買い物につれていってもらい、きれいなアクセサリーのあるところを通りながら「あなたは、キラキラしたものが好きだったよね~。」と姉からしみじみと言われました。
 
  私としたら故郷の思い出といえば「蛙にどじょう、せみ、とんぼ、ばった、くわがた、カブトムシや魚とり」なのです。
そしてそれが、どんな宝石にも勝り私の心の中では、色あせずに輝いているのです。
  


images (2)images (1)download_20180417031332ba8.jpgTOMBO2.jpg
 


でも姉にそう言われてみればイルカさんの「夢見る少女の頃は~」という懐かしい歌に出てくるように「毎日、ビーズに糸を通していた」時もあったのでした。

   download (4)


  373533-bigthumbnail.jpg

 
  私は36年前、19歳で統一教会に出会い野村健二さんという方が書かれた統一原理の入門書のような本を最初に読んで目からうろこが落ちるほど感動をしたのでした。人生の中で、最高の宝を見つけたように何かとても魅力的な世界に惹きつけられていったのを思い出します。(すべてが魅力的な世界ではありませんでしたが)
 「目からうろこが落ちるほど感動をしていた」と表現をしたのは、その当時はたから私を見ていた姉でした。

  それから教会で献身的に歩み31年前の今日9月27日、同志100名の兄弟姉妹とともに松涛本部(?)で古田(元)副会長たちから激励のお言葉をいただき、200名人事の第2陣としてアメリカへの人事をうけたのでした。
 人事先はNYにおられた神山先輩のもとで振り分けられ、全米の開拓伝道所でした。
 
  

  あれから30年プラス、自分が選んだ道は紆余曲折があったし、これからもあるでしょうけれども、今でもこよなくキラキラと輝いています。
  
 corn feild

 今年の春にラスベガスの会議に参加させていただきました。
2世の新しい指導者が企画したユニークな会議でした。
 (会議に参加して、今何をしているの?と問われると頭が上がらない立場なのですが、、、、、)

 そこで全米の指導者の人たちが、過去にも勝るゆるぎない信仰の中によりひとつになりつつある姿に出会い感動をしました。
いろいろな方々と正直に話しを交わす中で、私たちの統一運動体は大きな試練を何度も乗り越えながらより洗練されつつあるとも感じました。 
616711673973804658.jpg

 
 ダイヤモンドは炭素(たんそ)から出来るのですね。

 永遠の輝きを誇るダイヤモンドと鉛筆の芯との違いは何なのだろうと考えます。

ダイヤモンドは地球のすごく深いところで物凄く熱い上に強烈な力で圧迫され、押さえつけられて出来るようです。

 その為に炭素の粒子たちが強く結び付けられ、そしてダイヤモンドとなっていくようです。
 
まるで、私がラスベガスで会った多くの兄弟姉妹たちのようです。
 
  今、天におられる真のお父様とひとつとなられたお母様の率いられるの世界平和家庭連合を中心とした統一運動は、
ダイヤモンドになる過程を通過しているのかもしれません。

 私は、最近の統一運動、家庭連合の中で、より御言葉の本質が吟味されるようになり何が私たちの根幹となるものなのかということが、より明確に提示されるようになり、とても感動をしているものの一人です。

 31年前に渡米する私たちに激励の言葉を持ち、心配しながら送り出してくれ育ててくださった私の家族と日本の大家族の皆さんに感謝をこめて、この歌をお送りします。
 数ヶ月前、はじめて耳にして以来、時々私の心の中にも流れるようになりました。

 サライ(心の故郷)

"


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

あれれれ????ブログが正常に機能しない!HELP~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 ブログをはじめたのは、いいのですが、正常に機能していません。
PINGとかRSSとかが、正常に出ていないのか、受け取られていないのか????

 こういうのは、私のような素人が問題をみつけようとしても、とても時間が、かかるのです。
ブログ村の村長さんに、メールを送ったのですが、、、。

 こんなことばかりして、時間をたくさん、とられると、いろいろな声が心の中に聞こえてきます。

「これは、ブログなどをやめて、アメリカでのみ旨に、集中しろ!!!という天の声か?」

「でも、やり始めたことは、少しずつでもやり、初心貫徹をすべきだ!」

 私は、のめり込んでしまうと周りのことを忘れてしまうタイプです。そうなると危険信号です。

 先週(今週というのか)の日曜日に、教区長が、私の家にこられました。
シカゴから、2時間半、途中で一人の兄弟をピックアップしてこられたので、3時間ぐらいかかったのでしょう。

 金曜日にこられると、電話がありましたので十分準備をして、お待ちするべきだったのに、何もできません。


 日曜礼拝は、文亨進会長の「絶体性」に関する説教でした。

 文章の間が読める方は、読んでみてください。

文章の間を空けずに、思っていること、日曜日にあったできごとを書き出したらあまりにもいろんなことがあり長くなりそうですし、思索にふけって悩んでしまいそうなので私の思いは、間の中から、汲み取ってください。 では今日は、1つ気分転換におまけをつけます。
soccerball-player-cat-resize.jpg


soccer.jpg
 ある時、USサッカーの試合をスクリーンで観ていると私たちの次女が「ママ、テレビでいつか、自分を見るようになるでしょう」といってきました。冗談半分もあるのですが、10.000時間の原則というのがあって、勉強でも、スポーツでも、ひとつの域にいたる為には、1万時間を費やさなければならないのだといって、練習もよくしています。アメリカで何年か前に話題になった本「OUTLIERS]に書かれています。2年:10000 / (2 x 365) = 13.7 時間
5年:10000 / (5 x 365) = 5.4時間
10年:10000 / (10 x 365) = 2.7 時間

 その本によると、ビル・ゲイツやビートルズの成功も、10000時間の努力の原則と、時などののタイミングによるということです。いろいろな意見もあるでしょうが、彼女は、その本を読んでとても感動し、学校や所属しているクラブで練習がない時は、自分の弟をひっぱりだして、家の庭でもボールをけっています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



国進さまの記事 韓国の雑誌 「経済ジャーナル」の1月号に記載された記事(2)

 今日は、月曜日です。 今回も、エルダー氏 による韓国語から日本語への訳です。  
ほんの一部だけ、私が修正しています 。
 日本語を確認するために、言わんとしている事を、よく理解しようと、丁寧に何度も読みました。
とても、感動的な記事です。ぜひ、読んでみてください。



韓国のビジョンは、「強いい韓国」にある (2)

   

統一グループ、生まれ変わる

統一グループは1963年に設立された。グループは、33以上の関連会社を持つ巨大な恐竜になったが、時間がたつにつれて 赤字幅が拡大した 。企業経営というのは決して浅はかなものではない。内外の政治•経済環境だけでなく、経営者の慧眼、従業員の能力など手足が合わない場合、冷酷に淘汰されるのが企業の現実である。そうようにして歴史の裏道で消えていった企業も数多い。危機を感じた統一グループは、米国で事業を経営していた文国進会長を呼んで、乱麻のように絡み合っていた統一グループの経営を任せた。長年アメリカでの生活に慣れていた彼が、韓国経営の感覚に接点を見出すことができるかに対する懸念もあっただろう。しかし、彼の推進力は一瀉千里に統一グループの体質を改善させた。

文会長は「グループ経営がまともに行われない最大の理由はいったい何なのか」という、基本的な命題から糸を解き始めた。彼は当時を回顧して「2005年の就任当時、33の系列会社のうち80%以上が赤字だった。もちろんそうなるしかない理由があったが、もはや時間の余裕は なかった。大手術を敢行して病気の根を取り除くことにした」とし「専門的な経営者と経営プロセスがなかったことが、グループの危機の始まりだったと語った。
私はすぐに公認会計士、弁護士をはじめ、マーケティング、人事、IT専門家などを採用して、系列企業の企業価値と事業性を再評価させ、不良な企業または部門を売却、清算、合併、撤退するなどした。そしてシックスシグマ、制約理論(TOC)など、最新の経営理論を結び付けて、経営革新の枠組みを備える一方、Deloitte、Watson Wyattのような世界有数のコンサルティング社からのアドバイスを受けてバランス業績評価指標(BSC)に基づく成果報酬と人事管理システムやITシステムを構築した。はじめは困難で、痛みを伴ったが、いったんプロセスが整えられた段階まで行けば、グループの持続可能な成長の礎になると信じていた」と明らかにした。


このような過程を経て、統一グループは一和、世界日報、龍平リゾート、日常海洋産業、ソンウオン建設 、一新石材、TIC、新正開発特装車、セイル旅行代理店、JC、セイロ、アジア海洋の健全な12の系列会社で再調整され、就任後3年目にグループ全体の業績が黒字に転換した。
    
経営革新による初の黒字の感動

事実上、統一グループの初の黒字時代が開かれたのだ。これは、多くの意味を内包する。もし国進会長を招聘したことが、失敗に終わっていたならば、統一グループは赤字に苦しんで座礁し、大きな内的混乱を招いただろう。しかし、世界日報と麗水(ヨス)日常海洋産業も創立以来、初の経営黒字の成果を収めながら、社員の自信は最高潮に達した。私たちもできるという自信が対外的には、従業員の「機(气)を生かす」処方につながった。文会長は、「グループの従業員は現在3000人程度だ。これらの70%は統一教会信者ではない。私たちは合理的で透明な経営で国家経済の一翼を担っており、安定した雇用創出と生きるための努力で、社会的尊敬を受ける企業に生まれ変わろうとしている」と話した。


文国進会長の経営原則は徹底している。 「結果、責任、透明性、生産的葛藤、信頼」は、この原則に立脚して、組織を率いて発展させた。惰性に濡れずに未来に挑戦する革新的な精神を高く買っており、分かち合いと共存で統一グループをさらに健全な企業として起こした。会社ごとに機会と希望がある。自らコントロールタワーになって陣頭指揮しただけに、すべての関連会社に愛着がある。しかし、彼が特に製造業の会社を注意深く見るのは、困難な環境においても最高の技術競争力で良い製品を生産し、これがそのまま実績につながるという正直な生産活動をするからである。去る2011年に買収した新正開発特装車も装甲車、航空機牽引車だけでなく、国内特装車市場では、路面清掃車市場の80%以上を占有している中堅国防産業企業で、「強い大韓民国」を作る運動の先頭に立っている統一グループとしては大きな力になる、代表的な製造企業である。
   
強い大韓民国を作るコミュニケーションの窓口

2011年3月、文国進会長を筆頭にして、「強い大韓民国汎国民運動本部」が公式に発足した。 3歳の時に韓国を離れ、2005年までに米国で住んでいた文会長は、韓国の思い出がほとんどない。それにもかかわらず、いつも私たちの祖国が「小さくても強い国」になることを希望してきた。海外に住む同胞たちも、おそらく同じ気持ちだろう。言語も通じず食べて生きることすらギリギリなのだが、だからこそいつも韓国がもう少し力があって強くなることを願う。


文会長は、(2010年の)天安艦事件と延坪島事件の発生当時、韓国の対応策に少なからず衝撃を受けたという。結局軍人と無実の民間人の犠牲を後にしたまま、事件は静かに埋め込まれていること。彼は大韓民国が弱いからだという結論を下し、国家安全保障を公論化する必要性を切実に悟った。


「単に政治家や経済人ではなくても、大韓民国の国民であれば誰でも、私たちが置かれている現実と安保問題について関心を持って懸案を解決するために努力しなければならない。私も国民と一人の企業人として、そして強い大韓民国を切実に願う人として、安全保障について絶えず公論化し、問題提起している。強くなるための最終的目的は、平和を維持するためだ。ここに大半の意見が的をおいている。」kook jin nin and Tim Elder


これらの彼の心のせいか、文会長の講演である「強い大韓民国?」は、深くて慎重な響きとして残る。南北分断の状況と周辺大国の間でも堂々とした祖国になることを熱望する彼の切実さが込められた講演が終わっても、聴衆は簡単に席をはずすことができない。この熱い余韻が強い大韓民国を作ることに一助することを、文会長は祈る。


国内外の100回以上の講演によって「強い大韓民国汎国民運動本部」各界各層の人々も意志を一つにしており、現在までに全国230の市郡区で2万6,000人余りが参加する中「強い大韓民国?」講演を開催されてきた。地球村でどのような選択をすれば大韓民国が真の強国になることができるか、私たち国民が悔しい思いをせずに幸せに暮らすことができるか、文会長はこれに対する解答を提示して汎国民運動に広げていく。強い大韓民国を作ることこそが、国民に対する願望であり、従って、一部の力ではなく、国民皆が参加して力を集めなければならない。社会的イシューになっている福祉と経済民主化などは、国民の暮らしにおける死角をなくすための方便だ。このすべてを網羅するのが強い大韓民国を作ることであることを認知する必要がある。
    
世界経済の流れ読んでこそ、真の経営者

文国進会長の歩みには終わりがない。
昨年12月に鮮文学院理事長に選出された彼は、故文鮮明総裁の建学理念を受け継いで、道徳性と模範市民の資質を持つように全人教育を活性化する計画だ。過去、師匠とは、逆らうことができない鏡であり、人生の羅針盤だった時代があったが、最近周辺には真の師匠も、絶対的弟子も見あたらない。
文会長は創意的でグローカルな人材を養成して、未来志向的な即戦力として育てていくのだ。
しかし、この土台には創設者様の教えに従って、師は親の立場から愛で学生を指導し、学生は子女の立場から、尊敬を持って師匠と接する家庭共同体の意味が前提にならなければなりません。真の愛を基盤にして、研究して学び教え、ために生きるを創造する「心情文化の場」を作るだろうと明らかにした。 2013年にも相変らず世界経済は不安定になることが予測される。アメリカ、ヨーロッパなどその場しのぎで絆創膏をつけるが、基本的な傷は回復していない。多分絆創膏の下でより膿んでいくかもしれない。


文会長は、このような経済の流れの深刻さを認識して、今年は会社のリスク管理に1次的な目標を置いている。選択的成長はあるだろうが、リスクによる被害をなくし、内実を押し堅めることに注力する一年にするとした。このように、一息つきながら、世界経済が安定したとき、どのように飛躍するのかを研究する。適切なタイミングでチャンスをつかむことも、経営者の能力だ。これらの能力を十分に発揮し、統一グループの持続可能な成長を続けていく人、文国進。彼の環境と背景を抜きにして、ただその人だけを見つめることができた、短いが意味あるインタビューだった。私が出会った経営者文国進は大変な集中力の所有者であり、人間文国進は純粋な笑顔が魅力的な人だった。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村










 


最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.