「ガルシアへの手紙」

「ガルシアへの手紙」 ジョージ R.マクレノン

今回の内容は年末年始に私のリジョンを巡回した時にシェアしたものです。

images (6)


「ガルシアへの手紙」この本は1899年にエルバート ハバートというアメリカ人によって書かれたものです。
本といっても1時間で書き上げたものです5分もあれば読み終えます。
 
GRRS-A Message to Garcia

この本が日本に始めて紹介されたのは日露戦争の最中でした。捕虜になったロシア兵全員がこの本のコピーを
持っていたのです。当時ロシアの軍事力は世界最強でした。さっそく日本語に翻訳されました。この本を読んだ明治天皇はいたく感動し軍人全員と全ての政治家に配られました。

アメリカでもこの本がある雑誌に掲載されるとかなりの評判になり全軍人、全ボーイスカウトに配られました。

100年以上前に書かれた本ですが現在までに37カ国語に翻訳され4000万部コピーされています。
home-main.jpg


前置きが長くなりましたが1898年にアメリカとスペインとの戦争が勃発します。
当時キュ-バはスペイン領でした。
  キューバは地理的にアメリカの裏庭のようなものです。アメリカにとっては気持ちよくありません。

Unit11_map_Cuba_US.gif

そこにキューバで独立運動が起ります。独立運動のリーダーがガルシアという人物です。
当然アメリカは独立運動を全面的にサポートします。


そしてこれがスペインとの戦争へと発展したのです。

当時アメリカの大統領マッキンレイーはガルシアとどうしてもコンタクトをとりたかったのですが,
100年以上も昔の話です。無線通信などありません。
  ましてやガルシアがどこにいるのかさえだれも知らないのです。
ジャングルのどこかとしか。
fotos-1898-34.gif

  そこへある人がローワンなら書簡を届ける事ができると大統領に推薦します。
さっそくローワンが呼ばれます。
 0122.jpg


  ローワンは大統領から書簡を受け取るとそのままボートに乗りキューバに行き敵陣に潜入し4週間後には任務を全うし無事生還したのです。

  特筆すべきはローワンは一言も質問せずにたった一人で敵陣に向かいだれも知らないガルシアの居場所を見つけ出し任務を全うした事です。

  ローワンこそアメリカに勝利をもたらした真のヒーローです。

普通でしたら、この人物は何者ですか?
 どこにいるのですか?
 どのように見つけたらいいのですか?
 
 なぜ私なのですか?
 他にだれかいないのですか?
 などと質問します。

New_Start_by_kandiart.jpg


  ずいぶん昔の話ですが、ある日本の靴メーカーが二人のセールスマンをアフリカに送りました。

  一日早く着いたセールスマンは空港に着くなり本社に電話します。
「すみません帰らせてください。ここではだれも靴を履いていません。これでは商売になりません」

images (33)

  一日遅れて着いたセールスマンも空港に着くなり本社に電話します。
images (34)


「在庫品全部、送ってください。ここではだれも靴を履いていません。これは最高のビジネスチャンスです」

images (35)

  さて皆さんはどちらのセールスマンでしょうか?
最初のセールスマンのような人間にはガルシアへ手紙を届ける事はできません。

 二番目のようなセールスマンがガルシアへ手紙を届ける事ができます。

images (40)

 
  なぜこのような話を書いたかというと今、私達の教会は大きな転換の時にあるからです。
 これから新しい文化を築いて行こうとしています

 どんな文化かというと自由と責任を土台として私達自ら創造して行く文化です。



 今までの文化はトップダウンで上から下へと指示やディレクションがくるのを待ってそれに従順に従う文化でした。
 
 これは日本人にとって体質的にあっていました。

 昔から出る釘が打たれたり村八分にされる村社会体質が強いため他と違う言動は避けるのです。
images (28)

 たまにアメリカのメンバーからどうして日本人だけでミーティングをするのかと批判されます。
アメリカのメンバーとミーティングをしても日本人は意見をいいません。
 言うのはいつも同じ一人か二人ぐらい。
ところが日本人だけでやるとみなさんよく意見してくれます。

meeting4.jpg

 国連で働いている人が話してくれた事ですが、
国際会議で成功と言える会議とは、インドの代表者をだまらせ日本の代表者を話させる事だそうです。

 images (41)

  過去30年培って来た文化です新しく創り変えようとしても昨日、今日と言う訳にはいきません。
今後1年3年あるいはもっとかかるかもしれません。


  ましてや人間、長年の生活習慣というのはなかなか変わりません。
例えば日曜礼拝、私は毎週同じ位置に駐車しますし座るいすも毎週同じです。ばかばかしいと思っている事でも変えません。
 
  人間よほどの事が起らない限り変えません。例えば「俺は借金など大嫌いだ」と言う人でも子供が大病し大金がかかるとなれば子供を救うために借金をせざるおえません。
「私は平和主義者です暴力など大嫌いです」と言うひとでも家に暴漢が侵入したら男なら愛する妻と子供達を守るために闘うはずです。

  教会発展のため教会の未来のためと新しい文化創造のためにチャレンジして行きましょう。ローワンのように二番目のセールスマンのようになって行きましょう。
images (44)


「ガルシアへの手紙」は、ここで、読めます。(管理人より)
http://www.e-freetext.net/garcia.html
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 

Related Entries

Post a comment

Private comment

自分なりに

<ローワンのように二番目のセールスマンのように>になるには、何をどうすればいいのでしょうかねぇ。

ローワンも二番目のセールスマンも、上の者に従順であり、上の者には高く評価されたことでしょうね。

でも、日本の教会では、上の者に従順である人が必ずしも勝利的な歩みをしているとは思えませんし、それで組織が発展する(してきた)とも思えません。

日本では大きな人事異動があって、昨日、うちの教会でも新しい教会長の就任式がありましたが、その人の話を聞いても、組織的には大きな変革は起こりそうには思えませんでした。

一例ですが、今は拉致監禁問題が佳境に差し掛かっているのに、教会では拉致監禁問題のために何かをやろうという話はとんと耳にしません。地の事情が分からないというか、地に足が付いていないというか…。

生意気言いますが、個人的には、ネットで海外の情報(特に亨進様夫妻の説教)に触れ、日本のおかしな文化・風習・伝統に染まらないようにして、自分なりに条件を立てながら、具体的にこうすればこういう効果があると思えることのために行動していこう(今、個人的にやっている活動を継続させていこう)と思っています。

ともに<教会発展のため教会の未来のためと新しい文化創造のためにチャレンジして行きましょう>!!

Re: 自分なりに

わたしが「ガルシアへの手紙」http://www.e-freetext.net/garcia.html読んで思い出したのは、国進様の「自由社会」の講義です。「人間の堕落によって、天使長の立場にいる政府がアダム、エバの立場にいる国民を完全に支配して、人気迎合主義(大衆迎合主義)を施行し、過重な福祉費用を出費して、結局は経済危機を招いて民主主義が後退するようになり、独裁者の出現を引き起こし、世界大戦を勃発させた過去の歴史の過ちを繰り返してはいけないと言われました。“ Freedom Society”(自由社会)は自律と責任が伴った社会として、基元節以後、天一国社会の政治、経済などすべての領域で全世界の国々が実践しなければならない政策」
ローワンのような人たちが、生かされるのが、国進様のいうFreedom Society(自由社会)だと思うのです。主体は、国民で、政府は、国民を支える立場です。ローワンは、自分が愛する国民によかれと思うことを国民として(または、政府の代理として)「ガルシアへの手紙」を命がけで届けたのだと思います。ここに置いて、彼の主体は大統領ではなくて、自分の良心だとおもいます。たとえば「ガルシアへの手紙」を届けて、スペインとアメリカを赤化から、守りたいというような強い動機が、すでに彼の中にあったのだと思います。大統領とその思いは、共有していたと思います。もしかしたら、大統領以上の「動機」があったかもしれません。
 彼が、主従関係に精神的奴隷だったら、手紙は届かなかったと思います。

 教会の組織も同じで、本部やりーダーは教会員の「人のために行きたい」動機による活動など、助けてあげる立場だとおもいます。(アメリカでは、一応、そういう方向で変革の一歩を歩んでいると思います)教会員や、リーダーにその純粋な動機「ために行きたい」{伝道、経済)がなければが問題だと思います。が,いやおうなしに子供のためになりふりかまわず働きすぎて疲れ果てたお母さんにたいして、私たちはアメリカ教会員は、どうのこうの言う立場ではありません)
(日本では、長年の莫大なノルマをこなすのにに疲れ果てた人もたくさんいるのでしょう)日本は、28年ご無沙汰してて、本当の事情は、わからないのですが。
 ただ、その「ために生きること」の核心の核心が「絶対性」だと思います。
それは、世界会長を通しての天からの、み言葉ですし、私もそう感じはじめているので(私の動機)、それを中心に解決の道と勝利の道を探していけばいいと思います。
 教育部長さんのBLOGにもありますが、http://kitasendo.blog12.fc2.com/blog-entry-1256.html
だから、心に揺るがないために生きる「動機」がある人が立場にかかわらず「ローワン」でありに二番目のセールスマンだと思います。
 では、どうして動機をつくるか??それが「「絶対性」の中にあると思います。
でも、何世紀の覆われてきたので、その宝を探すのは、忍耐がいると思います。
 みんなさんも、なにかすでに、ひらめいておられるようですが。
ローワンの上の人は、神様だとおもいます。


> <ローワンのように二番目のセールスマンのように>になるには、何をどうすればいいのでしょうかねぇ。
>
> ローワンも二番目のセールスマンも、上の者に従順であり、上の者には高く評価されたことでしょうね。
>
> でも、日本の教会では、上の者に従順である人が必ずしも勝利的な歩みをしているとは思えませんし、それで組織が発展する(してきた)とも思えません。
>
> 日本では大きな人事異動があって、昨日、うちの教会でも新しい教会長の就任式がありましたが、その人の話を聞いても、組織的には大きな変革は起こりそうには思えませんでした。
>
> 一例ですが、今は拉致監禁問題が佳境に差し掛かっているのに、教会では拉致監禁問題のために何かをやろうという話はとんと耳にしません。地の事情が分からないというか、地に足が付いていないというか…。
>
> 生意気言いますが、個人的には、ネットで海外の情報(特に亨進様夫妻の説教)に触れ、日本のおかしな文化・風習・伝統に染まらないようにして、自分なりに条件を立てながら、具体的にこうすればこういう効果があると思えることのために行動していこう(今、個人的にやっている活動を継続させていこう)と思っています。
>
> ともに<教会発展のため教会の未来のためと新しい文化創造のためにチャレンジして行きましょう>!!

たとえば「ガルシアへの手紙」を届けて、スペインとアメリカを赤化から、守りたいというような強い動機が、すでに彼の中にあったのだと思います.

o キューバととアメリカを赤化からまもりたい、、、でした。
The Able-times 
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
最新の記事です
過去の記事を別に読む
記事を項目別に読む
投稿、コメントにおける注意事項
投稿はコメント欄で「投稿記事希望」と書いてコメント欄を使い送ってください。 。記事投稿の際、国名、また教会員の方は所属先とお名前も、ご記入ください。記事記載におきましては、お名前は実名、ハンドルネーム、匿名希望でも、かまいません。
「勝利者になりなさい」 10・20・2004イーストガーデンで。
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.