誠を尽くす.天からのメッセージ。

  偶然とは思えない、印象的な体験は誰にでもあると思います。
神様が、何かを語ろうとされていると感じた体験です。
 私にも、3つあります。
 ここに書くのはその一つです。
 
 1984年11月1日。日本でのことです。
丁度、日本の千円札がタンチョウ鶴と夏目漱石に変わった日だったと記憶します。

 早朝、道路に見事な鶴の絵が大きく描かれいいました。
水で描かれていました。

 まるで水墨画のようでした。

 鶴は足にけがをしていました。
傷ついているように見えました。 images.png

  不思議だなあ思いました。こともの水遊びの落書きにしては上手すぎたからです。

 そのころ、私は、自分がたてた大きな実積目標を果たすために
命がけで毎日を生きていました。
 死を毎日、意識したということです。
 
 外的な目標を達成するためには手段は何でもよかたのです。
目標を達成率は良かったのですが
  心は荒れ果て、罪の意識もうすれ果てていました。

 

  そのころのリーダーはいつも、
 精誠をを尽くすというのお父様のみ言葉を好んで拝読してくれました。

  その日の朝は
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

 それを心に刻んで忠実に心を見つめ人々に無条件に愛の思いを注いで歩みました。
それだけに心を注ぎ込みました。

 その最初の日の朝、そんな不思議なことがあり、

 一週間、毎日そのことを心に止めて歩みました。
 何か天とスパークしたと感じたからです。

 何がスパークしたと感じたかというと
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

という心のうちにたてた内容がです。
 
 その期間は外的な目標の達成率は悲惨なものでした。

 でも一週間来る日も来る日、違う形で「鶴」との出会いが、一番最後にありました。


 私はそこに天の愛と声を聞いたように思いました。

神様は私にこうして毎日、特攻隊のように歩んでほくないんだと。目的成就の為に特攻隊のように生きてほしくはなんだと。
 もしかしたら、
あれは真のお母さまの心との出会いだったのかもしれません。
 
 あの頃の統一家は、ご子女様が交通事故で亡くなられ、真のお父様のダンベリーの刑務所への投獄など、2重3重の苦が降り注いだ年でした。
 ああいう歩みが主を助けるどころか、十字架を負わせてしまっていたのではないかと、それは最近思うようになりました。
 
次の週は「人々に精誠をを尽くす」ことだけを心に留めました。

 その週は[鶴」との出会いこそありませんでしたが
導かれるように最高の実りが毎日与えられました。

渡米して33年、
 身に刻まれたこのような体験は、自分が軌道を外れそうになる時に、どこからともなく必ず蘇ってくるものです。


  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
 
 

神様が見詰めるような観点で書かれた神明先生の論文の素晴らしさ!脱帽! 

  久しぶりの投稿です。

 私は地元のショッピングモールの真ん中で、夫と二人で小さなお店を出しています。
 
 今日夫は、朝からシカゴ行きです。
 なぜかというと復活祭の休日で帰宅していた次娘をシカゴの大学へと送り届けることと、シカゴで友達の家に休日を利用して、お泊りをしていた高校生の息子を迎えることと、また、彼自身の友にも会うためです。
 それで今日は朝の10時から、夜の9時まで、ここモールで店番をしいています。
   
  暇も暇。

 特に月曜日や、休日の後は、モールなのに幽霊が出そうなぐらい静かで暇な時があります。

  でもこういう暇なときこそ、私の心は時間空間を超えて、自由にさまざまなところに旅することができるのです。


 目の前のある「世界への窓」(WINDOW to the world)から、Eメールを送ったり、いろいろな検索をしながら、それなりに時間を有効に使いこなしています。
   
  「世界への窓」というのは私のコンピューターのことです。

WIN_20180402_18_24_59_Pro_201804030924481fb.jpg

  しばらく、この「世界の窓」から高速度で、方々を旋回していたら今日とても感動する論文(??)にであったのでした。
 
 それがとても心の奥の琴線に深く綺麗に響いたのでした。
とても、説得力のある内容だということです。
 
 今まで自分も感じてきたけれども、それがうまく言葉として表現出来なかった内容がありましたが、そういう内容までもが学問的に良く裏ずけられ、説明されています。
 
  それが神明忠昭先生の「Journal of Unification Studies 統一学のジャーナル」に記載されているVolume XVIII - (2017)
 「Were True Parents Born with Original Sin? How to Deal with Their Words on This Matter」です。
 
  これはアメリカの兄弟が自分のFACEBOOKに再記載したものです。
2017年に書かれておられるので、もう日本語に訳されているのかもしれませんね。
 読んでなかったのは、私だけかもしれませんが、そういう気配も感じませんので記載させていただくことにしました。
 
 
 許可を得ていませんのでリンクだけですが。
英語を勉強している2世たちは、読めるかもしれませんね。 
 そうでなくても、グーグルの通訳を利用してでも、読んでみる価値がある、素晴らしい内容だと私は強く思います。
  

 統一運動内??というよりも特ににサンクチュアリー教会と家庭平和協会で、頻繫に話題にされている内容「真のご父母様は、原罪をもちお生まれになられたのだろうか?」と「この件についての彼らの(真のご父母様)のみ言葉に対しての対処の仕方。」が素晴らしい観点からわかりやすくまとめられて書かれています。
  
 Journal of Unification Studies Vol. 18,(ここをクリック)
download (3)
 

  神明忠昭先生と言えば先月、ラスベガスで真のお母さまの前と私たちの前で、人技とは思えないハーモニカを奏でてくださいました。

  また、偶然にすれ違う時は、(といってもほとんどないのですが)、話がしたそうな笑顔をいつも目にたたえられておられます。

お父様いわく
 
 「あんたの目は、神様の目のようだよ」「あんたは神様が見るのと同じ目で物事を見詰めるような人間なんだ」

私いわく

 「 神様が見るのと同じ目で見詰めるような観点でかかれた神明先生の論文に脱帽!!。」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

Read more

私のマッチングと祝福結婚-祝福か呪いか?

 28年まえの今日、私と夫は文鮮明、韓鶴子ご夫妻により、祝福結婚をさせていただきました。
1275x2人の方とともにです。  
 私たちのはじめての出会いはそれより2年弱前1987年の3月27日のニューヨークでのマッチングのときです。
 
 アトランタというジョージア州の首都の町で、私たちが教会のファンダレージングをしていた時のことです。
 
 夫はシカゴにいました。

 「マッチングだってよ~」といわれ、途中でファンダレージングをやめて、アトランタからたくさんの兄弟姉妹とともにニューヨークに向かったのでした。(バンにのってだったでしょうか)
 覚えていることは、ファンダレージングは7ドルしかできていなかったけれど、「ラッキー7だ」と思ったこと。
アフリカの方と受けるかもしれない、国際の結婚で反対されないように家に電話をしようとしたこと。また、いい服がないと気をもめていたら、その頃のリジョンの副リーダー、中村惣一郎先生に「きるものより内的な準備をしなさい」としかられたこと。
 (中村先生は西洋の兄弟姉妹がいるところでは、日本語をしゃべるなと私たちに内的な道徳的な教育をしてくださいました)
  
 服は先輩の姉妹が、お母様が初代劉教会長婦人にあげられ先輩の姉妹がいただいたという仁進様のピンクの服をかしてくれとこと。体格のよい仁進様だったのでしょう、私にピッタリだったこと。
  
 
 あの頃、私はお父様のみ言葉の「一番すばらしい祝福は、未開拓地の無学な人を相対に迎えて、すべてを乗り越えて、一番幸せなカップルになることである。そのカップルはすべての人々を抱擁できるようになる」というような内容に、私の理想も描いていたころです。

 お父様が選んでくださった相対者は、アフリカ人ではありませんでした。アメリカ人でした。
夫は冗談で、お父様は心の白い(清いという意味)アフリカ人ではなくて、霊人体の黒い自分(白い黒い人)を選ばれたのだといいます。
 (いろいろと悩んでいたらしいです)
 夫はたちなさいといわれてから、だいぶ長くたたされていたようでした。
お父様が、すごく近くを通られたときに、メシヤであるお父様のおなかをぐいぐい押したんだといっていました。
 (私はそれを後で聞いたときに、イエス様のきものに必死の思いでふれた長血をわずらう女のようだと思いました)
 私は「身長160センチ以上の女性立ちなさい」といわれてその中の一人としてたちました。

  夫の唯一の希望は「背の高い女性」だったようです。
 私は、日本にいたら、169CMの大女です。
  共通点は、学生時代は運動が得意で夫はフットボール、私はバスケに命をかけたことがあるということだけでした。

  しばらくして、私にお父様が指できなさいといわれ、その瞬間、私の夫との 歩くだけでもすぐに、ずっこける永遠の二人三脚が決定しました。

  
 今日はメシアであられる、ご父母様に心から感謝をこめて昔をふり返り書かせていただきました。
また、この2017年が統一家にとり多くをかき抱き、飛躍と祝福と実りの年となりますように。
 HAPPY NEW YEAR 2017
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


 

Read more

ジャンヌダルクばかりではなく後藤徹さんや普通の人も聞いた「神様の声」

 今日は、私がこの日本ブログ村とかかわるきっかけを作ってくれた後藤徹さんと「神様の声」ということに少し心をはせてみました。
 後藤徹さんが12年5カ月にわたる拉致監禁を乗り越えて、その後強制改宗撲滅を目指す裁判のために陳述書を提出されました。
 裁判記録としてブログサイトにものせられており、それを読ませていただいて一番、心を動かされたのは監禁中に後藤さんが極限の中で神様の声を聞いていかれたとういきさつの部分です。
 「拉致監禁by宮村の裁判記録
 http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-286.html
  GOD;S LIGHT

 また、同じよう監禁中に何人かの拉致監禁生還者のかたが神の声を聞かれたり、不思議な神体験をしたという証を読んだ記憶もあります。 
 信仰を持つものとして、迫害や困難の中に神様が生きて働かれているという体験の証ほど心を打たれるものはありません。
 
 神様の声を聞くということが、ジャンヌダルクや(以下にあげる)マーティン・ルーサー・キング牧師のような有名な方たちに限られたものではないということなのです。
 
 神様を信じるものは、宗教迫害の経験からその解決の過程の中での生きた神様との出会いがあるがゆえに「人権問題の解決と神とのかかわり」を切り離すことができないということが実感として認識しやすいのかもしれません。
  
 アメリカの公民権運動などもキング牧師を先頭とした強い宗教的基盤のゆえに勝利をしていったのかもしれません。
 http://press.princeton.edu/titles/8651.html
 でも詳しいことは、やはり勉強をしなければうまく言い表せません。
 
 images (84)

 
   私が以前どこかで読んだことがある マーティン・ルーサー・キング牧師の自叙伝にも彼が極限状態にいる中で「神様の声」を聞いていったことが書かれています。
 
  でも、それを彼が人々の前に語ったのは11年後だということです。
  
  この頃の背景は、ローザ・パークスのモンゴメリー・バス・ボイコット事件(公営バスの運転手の命令に背いて白人に席を譲るのを拒み、人種分離法違反の容疑で逮捕)が勃発したころで、キング牧師が公民権運動の若いリーダーと引き立てられてきた頃だとおもいます。
 また当時は北部のシカゴから来た黒人の少年が、南部で白人女性に声をかけたために白人の男性によって殺害される様な時代でした。
 その裁判では少年を殺した白人の男性に対しては無罪が言い渡されアメリカ全土に衝撃が走っていたということです。
 
 このような暴力的な差別が平気で行われるアメリカで非暴力という武器で差別に闘いを挑んだのがマーティン・ルーサー・キング牧師です。
birmingham-protests1.jpg


  彼はいつも命の危険と隣り合わせでした。 脅迫電話が毎日のように続く日々でした。


 images (39)


 以下は自叙伝「Stride Toward Freedom」からの 抜粋の簡略した訳です。
https://www.amazon.com/Stride-Toward-Freedom-Montgomery-Legacy/dp/0807000698/ref=pd_sbs_14_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=W5NHN5HRV9B20R789H17
 脅迫は続き毎日白人たちが私を殺すという計画を立てているという警告が私の耳にはいるようになりました。
ほとんど毎晩私は明日の不安を胸に抱き床についたのです。
 そして夜が明けると私は妻のコレッタと3歳の娘を眺めながら一人思ったのです。
いつか自分たちはひき離されるかも知れないと。 
 1月も末近いある晩、私は一日中忙しく働いて夜遅くに床につきました。 私がうとうとしていると突然電話が鳴り電話口からは怒りを含んだ声で 「聞け黒ん坊よ ! ! 気の毒なことだが来週おまえがモントゴメリーにくるまでに俺たちは欲しいものをことごとくおまえから奪い取る !!」と。
  電話は切れたのですが眠れませんでした。
潜んでいた恐怖が一度に襲って気ました。
 
 king.jpg

  
  ここからは自叙伝の一部が記載されている「NATINAL CATHOTIC -REPOTER」の一部を引用しました。
 https://www.ncronline.org/blogs/road-peace/god-dr-kings-kitchen-table

 私はもう、諦めるところでした。 
私はベットから飛び起きて床の上を歩き始めましたが、ついに台所へ出かけて眼の前のコーヒーを口にすることもないまま私は一切を断念しようとしました。
 私は卑怯者のように思われないで、なんとかうまくこの運動から抜け出す手がないかあれこれと考たのです。
疲れ果てた状態の中で、勇気がすっかり消えうせていた時、この問題の解決を神にゆだねようと決意したのでした。
 
 両手で頭を抱え込み台所のテーブルの上にかがんで声大きく祈ったのです。
この日の真夜中に、私が神様に語った言葉は今もありありと私の記憶の中に残っています。

 「私は、今ここで自分が正しいと信ずることのために闘っています。でも今私は怖くなりました。人々は私の指導を求めています。そしてもし、私が力も勇気もなく彼らの前に立てば、彼らもたじろぐでしょう。
 私の力は今まさに尽きようとしています。私の中には何も残っていません。
私はすでにもう1人では到底立ち向かうことのできぬところまで来てしまいました。」
 その瞬間、今だかつて体験したことのないような神の存在を経験しました。 

 「正義のために立ちなさい。真実のために立ちなさい。そうすれば神は永遠にあなたの傍らにいます。」 という静かな確かなる内なる声が語るのが聞こえるようでした。
  殆どいっぺんに恐れが消え始め不安は消え去りました。
そして、どんなことがあろうとそれにに立ち向かう覚悟が出来たのです。
  
 以上が、キング牧師が「神の声」を台所のテーブルに伏せている時に聞いた自身による証言です。
この神様との出会いゆえにそれ以降、キング牧師が黒人の公民権運動のために命をかけていくことができるようになったというとです。
king7.jpg king2.jpg
50604653_edit.jpg LBJ-MLK-Civil-Right-Act-1964.jpg
                    President Lyndon Johnson signing the Civil Rights Act of 1964, with Dr. Martin Luther



  We shall overcome
(アトランタ、ジョージア州にある、モアーハウスという私立の黒人の優秀な学生が全米から集まる大学のコーラスです)
 https://youtu.be/Aor6-DkzBJ0
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

今でもキラキラと、、、。

  日本から先々月帰ってきてブログを久しぶりに書こうと思いながらも雑多(?)に追われ書くことができずにいました。

  去年、今年と2年続けて日本に帰ってきました。今までは悲報を受けて緊急に帰ることがほとんどでしたが、これからは無理をしてでも故郷に習慣的に帰ろうと決意したのでした。
 
 今回は、韓国の清平での修練会を終えた2人の子供を韓国から静岡空港まで飛ばせて私はシカゴから中国経由で静岡に飛びました。昔、遠足でいったあの牧の原台地に空港ができ、飛行機がそこに着陸したときは涙が出そうなぐらい感激をしました。
 子供たちには初めての日本訪問、親戚との初対面となりました。
 話に聞かせていた「そびえたつきれいな富士山」を見せてあげようと毎日、空を見回したのですが残念にも見えなかったのです。
 義理兄に聞いてみれば、夏は雲や霧で富士山は見えにくく、秋や冬にはくっきりと見えるということでした。

  私の心の記憶の中では故郷には富士山が365日、見えていたはずなのでした。
 娘は汽車の窓から、かすかに頭を見せていた富士山を見つけては嬉しくて写真を何枚も撮っていました。
fuji.jpg


 
  姉の家族のところに滞在しながら、たくさんの懐かしいところをたずね、親戚、友達にも会いました。

  いまだにボスである姉に買い物につれていってもらい、きれいなアクセサリーのあるところを通りながら「あなたは、キラキラしたものが好きだったよね~。」と姉からしみじみと言われました。
 
  私としたら故郷の思い出といえば「蛙にどじょう、せみ、とんぼ、ばった、くわがた、カブトムシや魚とり」なのです。
そしてそれが、どんな宝石にも勝り私の心の中では、色あせずに輝いているのです。
  


images (2)images (1)download_20180417031332ba8.jpgTOMBO2.jpg
 


でも姉にそう言われてみればイルカさんの「夢見る少女の頃は~」という懐かしい歌に出てくるように「毎日、ビーズに糸を通していた」時もあったのでした。

   download (4)


  373533-bigthumbnail.jpg

 
  私は36年前、19歳で統一教会に出会い野村健二さんという方が書かれた統一原理の入門書のような本を最初に読んで目からうろこが落ちるほど感動をしたのでした。人生の中で、最高の宝を見つけたように何かとても魅力的な世界に惹きつけられていったのを思い出します。(すべてが魅力的な世界ではありませんでしたが)
 「目からうろこが落ちるほど感動をしていた」と表現をしたのは、その当時はたから私を見ていた姉でした。

  それから教会で献身的に歩み31年前の今日9月27日、同志100名の兄弟姉妹とともに松涛本部(?)で古田(元)副会長たちから激励のお言葉をいただき、200名人事の第2陣としてアメリカへの人事をうけたのでした。
 人事先はNYにおられた神山先輩のもとで振り分けられ、全米の開拓伝道所でした。
 
  

  あれから30年プラス、自分が選んだ道は紆余曲折があったし、これからもあるでしょうけれども、今でもこよなくキラキラと輝いています。
  
 corn feild

 今年の春にラスベガスの会議に参加させていただきました。
2世の新しい指導者が企画したユニークな会議でした。
 (会議に参加して、今何をしているの?と問われると頭が上がらない立場なのですが、、、、、)

 そこで全米の指導者の人たちが、過去にも勝るゆるぎない信仰の中によりひとつになりつつある姿に出会い感動をしました。
いろいろな方々と正直に話しを交わす中で、私たちの統一運動体は大きな試練を何度も乗り越えながらより洗練されつつあるとも感じました。 
616711673973804658.jpg

 
 ダイヤモンドは炭素(たんそ)から出来るのですね。

 永遠の輝きを誇るダイヤモンドと鉛筆の芯との違いは何なのだろうと考えます。

ダイヤモンドは地球のすごく深いところで物凄く熱い上に強烈な力で圧迫され、押さえつけられて出来るようです。

 その為に炭素の粒子たちが強く結び付けられ、そしてダイヤモンドとなっていくようです。
 
まるで、私がラスベガスで会った多くの兄弟姉妹たちのようです。
 
  今、天におられる真のお父様とひとつとなられたお母様の率いられるの世界平和家庭連合を中心とした統一運動は、
ダイヤモンドになる過程を通過しているのかもしれません。

 私は、最近の統一運動、家庭連合の中で、より御言葉の本質が吟味されるようになり何が私たちの根幹となるものなのかということが、より明確に提示されるようになり、とても感動をしているものの一人です。

 31年前に渡米する私たちに激励の言葉を持ち、心配しながら送り出してくれ育ててくださった私の家族と日本の大家族の皆さんに感謝をこめて、この歌をお送りします。
 数ヶ月前、はじめて耳にして以来、時々私の心の中にも流れるようになりました。

 サライ(心の故郷)

"


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.