誠を尽くす.天からのメッセージ。

  偶然とは思えない、印象的な体験は誰にでもあると思います。
神様が、何かを語ろうとされていると感じた体験です。
 私にも、3つあります。
 ここに書くのはその一つです。
 
 1984年11月1日。日本でのことです。
丁度、日本の千円札がタンチョウ鶴と夏目漱石に変わった日だったと記憶します。

 早朝、道路に見事な鶴の絵が大きく描かれいいました。
水で描かれていました。

 まるで水墨画のようでした。

 鶴は足にけがをしていました。
傷ついているように見えました。
  Crane77777.png不思議だなあ思いました。
 
 こともの水遊びの落書きにしては上手すぎたからです。

 そのころ、私は、自分がたてた大きな実積目標を果たすために
命がけで毎日を生きていました。
 死を毎日、意識したということです。
 
 外的な目標を達成するためには手段は何でもよかたのです。
目標を達成率は良かったのですが
  心は荒れ果て、罪の意識もうすれ果てていました。

 

  そのころのリーダーはいつも、
 精誠をを尽くすというのお父様のみ言葉を好んで拝読してくれました。

  その日の朝は
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

 それを心に刻んで忠実に心を見つめ人々に無条件に愛の思いを注いで歩みました。
それだけに心を注ぎ込みました。

 その最初の日の朝、そんな不思議なことがあり、

 一週間、毎日そのことを心に止めて歩みました。
 何か天とスパークしたと感じたからです。

 何がスパークしたと感じたかというと
「天と真のお父様の完全な対象として歩まれる真のお母さまのごとく
 私も天と真のお父様の完全な対象として全ての人に真の愛をそそいで精誠をつくして歩む」

という心のうちにたてた内容がです。
 
 その期間は外的な目標の達成率は悲惨なものでした。

 でも一週間来る日も来る日、違う形で「鶴」との出会いが、一番最後にありました。


 私はそこに天の愛と声を聞いたように思いました。

神様は私にこうして毎日、特攻隊のように歩んでほくないんだと。目的成就の為に特攻隊のように生きてほしくはなんだと。
 もしかしたら、
あれは真のお母さまの心との出会いだったのかもしれません。
 
 あの頃の統一家は、ご子女様が交通事故で亡くなられ、真のお父様のダンベリーの刑務所への投獄など、2重3重の苦が降り注いだ年でした。
 ああいう歩みが主を助けるどころか、十字架を負わせてしまっていたのではないかと、それは最近思うようになりました。
 
次の週は「人々に精誠をを尽くす」ことだけを心に留めました。

 その週は[鶴」との出会いこそありませんでしたが
導かれるように最高の実りが毎日与えられました。

渡米して33年、
 身に刻まれたこのような体験は、自分が軌道を外れそうになる時に、どこからともなく必ず蘇ってくるものです。


  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
 
 

ほおぽのぽの。ぽのぽの。潜在意識。先祖、内なる子供。

今日は土曜日。
 私の働いているモールの中は、今日はこんな感じです。
WIN_20180414_18_45_42_Pro.jpg

  数時間前は忙かったらしく、手伝いに来いと言われてきたけれどぽつぽつとお客さんがこられるぐらです。
 
 閉店まで、40分。
   
  今は夫も、家に帰ったので。
 
  では、ウインドウ フロム アンド ツウ ザ ワールド に。

 
  今日書く内容は、さっきまでいた夫に熱弁していた内容をここに書こうと思います。
短い時間に要点をまとめられるかわかりませんが。
 
  私は何年か前から、心の中で「「ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています」の4つの言葉をとなえることがおおくなりました。ここアメリカなので " I AM SORRY PLEASE FORGIVE ME THANK YOU I LOVE YOU "という感じです。
 歩きながら、車をうんてんしながらもです。いつもというわけではありませんが、意識できる限りには心で呟くくことが多くなりました。
 
3年以上になるかもしれません。
  
 特に何かの結果を出したくてしているわけでもありません。
でも、原理的に考えても納得が行くのですんなりと継続することができています。
 
 統一原理には復活論というのはあります。三)霊人に対する復活摂理のところに書かれtいると思います。

 お客さんが来たり電話があり友達もきたので時間切れになりました。
 
また時間を見つけて。では。
 
 

イハレアカラ・ヒューレン博士
世界一風変わりなセラピスト
http://hooponopono-asia.org/www/jp/theworldsmostunusualtherapist/index.html
2年前、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは 無罪となった人のこと)の病棟に収容されていた人たち全員を、 誰一人を診察することなく癒したそうだ。その心理学者は患者のカルテを熟読し、自分がどのようにしてその人の病気を創りだしたのかを理解するために、自分の内側を見たのだそうだ。 彼が精神的に成長するにつれ、患者も善くなっていったという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。自分自身を癒すことによって、他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう?最高の自己改善の達人であったとしても、どうやって触法精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので、私には受け入れられなかった。

しかし、1年後に同じ話をまた聞くことになった。セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。もしその話が本当であるなら、私はもっと知らなければならなかった。

「全責任を負う」とは、私の考えることや行動に対する責任を負う意味だと、前々から理解していた。その向こう側のことは、自分の管理を離れていると。ほとんどの人たちは完全な責任というものを、そのように考えているのではないかと思う。私たちは自分の行動に対して責任があるのであって、他の人の行いに対してではない。精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、私に全責任を負うことについて、進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ・ヒュー・レン博士。私たちは最初の電話でたぶん1時間は話しただろう。彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、心理学者は月単位でやめていき、職員はよく病気になったり、やめていった人も多かった。人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように壁に背中をつけて通ったらしい。それは生活するにも働くにも訪ねるにも、心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったそうだ。彼は診療室を持ち、そこで患者らのファイルに目を通すことには賛成した。それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2ー3ヶ月後には、以前手足を縛られていた患者たちが、自由に歩くことを許可されていったのです」と彼は言った。「多量の投薬が必要だった人たちは、薬を必要としないようになってきました。そして退院の見込みのなかった人たちが、次々と退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。常習的な欠勤や退職は消え去りました。患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、最終的には必要以上の人員が残りました。 現在、その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は大きな質問をしなければ、気がすまなかった。「それらの人々に変化をもたらすために、あなたは自分自身の内側で何を行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中のその部分を癒していただけです」と彼は言った。

私には理解できなかった。

レン博士は「あなたの人生への全責任とは、あなたの人生の全てを意味する」と説明した。単にそれがあなたの人生、アナタの責任ということだ。文字どおりの意味で、全世界があなたの造りだしたものなのだ。

ヒャー。これはなかなか納得できるものではないです。私が発する言葉・行動が、自分の責任だということ。私の人生にいる全ての人が発する言葉・行動が私自身の責任だということとは、全く別の話ではないか。それにもかかわらず、実際のところは、もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、あなたが見たり、聞いたり、触れたり、他のどんな方法であれ、あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。それはあなたの人生にあるのだから。

これはつまり、テロ活動・政治・経済、あなたが経験していて不満に思っていることを癒す(=アナタの怒りを静める)のは、あなた次第だということである。言ってみれば、あなたの内面から投影されること(=アナタが想像し考え出すこと)以外は、存在してはいないのだ。問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、それらの事を変えるには、あなたはアナタ自身を変えなくてならない。

このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に生きることは、もっと難しいとわかっている。非難するほうが全責任を負うことよりも、はるかに簡単である。しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。彼にとっての癒し、そしてホオポノポノにおける癒しとは、あなた自身を大切にする、愛することなのだと。あなたが自分の人生をよりよいものにしたければ、あなたは自分の人生を癒さなければならない。もしあなたが誰かに手を差し伸べたければ、たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても、あなたは自分自身を癒すことによって彼らを癒すのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと、私はレン博士にたずねた。患者のカルテを見ていたときに、彼は具体的に何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と 『愛してる(I love you)』を何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

それだけ?

それだけ。

あなた自身を大切に愛することが、あなた自身を成長させる最も素晴らしい方法であり、アナタが成長することによって、 あなたの世界をより良いものにするということだ。これがどのように作用するか、簡単な例をあげてみよう。ある日、誰かが私を不快にさせるメールを送ってきた。以前そのようなことが起きた時には、私は感情的に発散させたり、その人が「どうしてその嫌なメッセージを送ってきたか」理由などを、あれこれ考 えたりしていた。しかし今回は、レン博士の方法を試すことにした。私は「ごめんなさい」と「愛してる」を心の中でいい続けた。特定の誰かに向かって 言ったわけではなく、私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した自分の内側を癒そうとしただけだった。
1時間もしないうちに同じ人から、メールが届いた。彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。私は謝ってもらうために、外側に何も働きかけをして いなかったことを、覚えておいてほしい。私は返事すら送っていなかったのだ。にもかかわらず、「愛してる」と言うことで、私はどういうわけか、彼に対して創り出していた自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士が催したホ・オポノポノのワークショップに参加した。彼はその時70歳で、優しい祖父のような シャーマンと見なされていて、ほとんど隠居生活を送っていた。彼は私の著書「The Attractor Factor」をほめてくれた。私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、人々が本を読むときに、皆それを感じるだろうと彼は語った。要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。

「既に出版されている本についてはどうなんですか?」と私はたずねた。

彼は「本にあるのではないよ」と答えた。彼が持つ神秘の智慧に、私は再びとても驚いた。「まだ、あなたの中にあるんだ」

つまり、外側にあるということではないということだ。

この高度な技術を、それに値する奥深さとともに説明しようとしたら、本が1冊書けるだろう。あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中の何かを改善したいのなら、見るべき場所はただひとつ「あなたの内側(内面)」であるということだ。

「見る時は、愛をもって見るように」
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

神様が見詰めるような観点で書かれた神明先生の論文の素晴らしさ!脱帽! 

  久しぶりの投稿です。

 私は地元のショッピングモールの真ん中で、夫と二人で小さなお店を出しています。
 
 今日夫は、朝からシカゴ行きです。
 なぜかというと復活祭の休日で帰宅していた次娘をシカゴの大学へと送り届けることと、シカゴで友達の家に休日を利用して、お泊りをしていた高校生の息子を迎えることと、また、彼自身の友にも会うためです。
 それで今日は朝の10時から、夜の9時まで、ここモールで店番をしいています。
   
  暇も暇。

 特に月曜日や、休日の後は、モールなのに幽霊が出そうなぐらい静かで暇な時があります。

  でもこういう暇なときこそ、私の心は時間空間を超えて、自由にさまざまなところに旅することができるのです。


 目の前のある「世界への窓」(WINDOW to the world)から、Eメールを送ったり、いろいろな検索をしながら、それなりに時間を有効に使いこなしています。
   
  「世界への窓」というのは私のコンピューターのことです。

WIN_20180402_18_24_59_Pro_201804030924481fb.jpg

  しばらく、この「世界の窓」から高速度で、方々を旋回していたら今日とても感動する論文(??)にであったのでした。
 
 それがとても心の奥の琴線に深く綺麗に響いたのでした。
とても、説得力のある内容だということです。
 
 今まで自分も感じてきたけれども、それがうまく言葉として表現出来なかった内容がありましたが、そういう内容までもが学問的に良く裏ずけられ、説明されています。
 
  それが神明忠昭先生の「Journal of Unification Studies 統一学のジャーナル」に記載されているVolume XVIII - (2017)
 「Were True Parents Born with Original Sin? How to Deal with Their Words on This Matter」です。
 
  これはアメリカの兄弟が自分のFACEBOOKに再記載したものです。
2017年に書かれておられるので、もう日本語に訳されているのかもしれませんね。
 読んでなかったのは、私だけかもしれませんが、そういう気配も感じませんので記載させていただくことにしました。
 
 
 許可を得ていませんのでリンクだけですが。
英語を勉強している2世たちは、読めるかもしれませんね。 
 そうでなくても、グーグルの通訳を利用してでも、読んでみる価値がある、素晴らしい内容だと私は強く思います。
  

 統一運動内??というよりも特ににサンクチュアリー教会と家庭平和協会で、頻繫に話題にされている内容「真のご父母様は、原罪をもちお生まれになられたのだろうか?」と「この件についての彼らの(真のご父母様)のみ言葉に対しての対処の仕方。」が素晴らしい観点からわかりやすくまとめられて書かれています。
  
 Journal of Unification Studies Vol. 18,(ここをクリック)
download (3)
 

  神明忠昭先生と言えば先月、ラスベガスで真のお母さまの前と私たちの前で、人技とは思えないハーモニカを奏でてくださいました。

  また、偶然にすれ違う時は、(といってもほとんどないのですが)、話がしたそうな笑顔をいつも目にたたえられておられます。

お父様いわく
 
 「あんたの目は、神様の目のようだよ」「あんたは神様が見るのと同じ目で物事を見詰めるような人間なんだ」

私いわく

 「 神様が見るのと同じ目で見詰めるような観点でかかれた神明先生の論文に脱帽!!。」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

Read more

私のマッチングと祝福結婚-祝福か呪いか?

 28年まえの今日、私と夫は文鮮明、韓鶴子ご夫妻により、祝福結婚をさせていただきました。
1275x2人の方とともにです。  
 私たちのはじめての出会いはそれより2年弱前1987年の3月27日のニューヨークでのマッチングのときです。
 
 アトランタというジョージア州の首都の町で、私たちが教会のファンダレージングをしていた時のことです。
 
 夫はシカゴにいました。

 「マッチングだってよ~」といわれ、途中でファンダレージングをやめて、アトランタからたくさんの兄弟姉妹とともにニューヨークに向かったのでした。(バンにのってだったでしょうか)
 覚えていることは、ファンダレージングは7ドルしかできていなかったけれど、「ラッキー7だ」と思ったこと。
アフリカの方と受けるかもしれない、国際の結婚で反対されないように家に電話をしようとしたこと。また、いい服がないと気をもめていたら、その頃のリジョンの副リーダー、中村惣一郎先生に「きるものより内的な準備をしなさい」としかられたこと。
 (中村先生は西洋の兄弟姉妹がいるところでは、日本語をしゃべるなと私たちに内的な道徳的な教育をしてくださいました)
  
 服は先輩の姉妹が、お母様が初代劉教会長婦人にあげられ先輩の姉妹がいただいたという仁進様のピンクの服をかしてくれとこと。体格のよい仁進様だったのでしょう、私にピッタリだったこと。
  
 
 あの頃、私はお父様のみ言葉の「一番すばらしい祝福は、未開拓地の無学な人を相対に迎えて、すべてを乗り越えて、一番幸せなカップルになることである。そのカップルはすべての人々を抱擁できるようになる」というような内容に、私の理想も描いていたころです。

 お父様が選んでくださった相対者は、アフリカ人ではありませんでした。アメリカ人でした。
夫は冗談で、お父様は心の白い(清いという意味)アフリカ人ではなくて、霊人体の黒い自分(白い黒い人)を選ばれたのだといいます。
 (いろいろと悩んでいたらしいです)
 夫はたちなさいといわれてから、だいぶ長くたたされていたようでした。
お父様が、すごく近くを通られたときに、メシヤであるお父様のおなかをぐいぐい押したんだといっていました。
 (私はそれを後で聞いたときに、イエス様のきものに必死の思いでふれた長血をわずらう女のようだと思いました)
 私は「身長160センチ以上の女性立ちなさい」といわれてその中の一人としてたちました。

  夫の唯一の希望は「背の高い女性」だったようです。
 私は、日本にいたら、169CMの大女です。
  共通点は、学生時代は運動が得意で夫はフットボール、私はバスケに命をかけたことがあるということだけでした。

  しばらくして、私にお父様が指できなさいといわれ、その瞬間、私の夫との 歩くだけでもすぐに、ずっこける永遠の二人三脚が決定しました。

  
 今日はメシアであられる、ご父母様に心から感謝をこめて昔をふり返り書かせていただきました。
また、この2017年が統一家にとり多くをかき抱き、飛躍と祝福と実りの年となりますように。
 HAPPY NEW YEAR 2017
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


 

Read more

先輩達、しっかりしてください!!

 真の父母(メシア)に中に、真の平和があり、そこから愛が流れ、許しがあり、救いがあるのです。

  勝利された真の父母(メシア)のゆえに建て直しも再出発もできるのです。神様がまた何千年もメシアの再臨を待たなくても再復帰が可能なのです。

 真のご家庭をもってメシアとはいいません。

 「中立」といいながら、自分の原理の解釈のものさしで、特定のご子女様を持ち上げ、メシヤ(真の母)を自分の目で見て批判する立場に立っているのです。
 真の母が「今は従わないことが助けることなのです。」と言われているではないですか?そこに何か意味があるとしてその親の意に従うことが、距離を置かれたご子女様が母の懐に帰る近道であり、私たちが真の意味でご子女様とひとつとなる道だということなのでしょう。
 誰よりも、(大先輩や私の)何百倍も胸を痛められ、ひとつになることを願われているのが真のお母様だということは、あらためて言葉にするのも無礼すぎるぐらい当然のことです。
   
 そして今は、まだ過程であり終わりではありません。 
  
  原理は「中立」を強調しません。 
 
  統一運運は単なる平和運動ではありません。
 
  すべての不幸の根となった「原罪」を清算しなければ、真の平和はありえないからです。
 メシヤを通して罪を清算することを根本とする運動体です。
  そこでは堕落性を抜くつらい過程を通過する時もあります。 
 まだ天国ができていないからです。 
  
  原理は第一に「神様の立場」「親の立場」「父母の立場」に立つということを強調します。

  私が大好きなエイブラハム・ヒックスhttps://www.youtube.com/watch?v=Vw9MyKnFrs0
も、いつも私が唱えるようになった4つの魔法の言葉を教えてくれたイハレアカラ・ヒューレン博士 http://joy-healing.jp/readings/special/01.html
も、アメリカでベストセラ-になったアレクサンダー・ロイド (著), ベン・ジョンソン (著)の「ヒーリングコード」
https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6-%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%826%E5%88%86%E9%96%93%E3%81%A7%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%80%81%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%80%81%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E7%94%BB%E6%9C%9F%E7%9A%84%E6%96%B9%E6%B3%95-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89/dp/4797365773もアメリカのホリスティック医師、Dr.Bradley Nelsonによって考案された、エモーションコード(Emotion Code)http://innerhealer.blog.fc2.com/も、ある時期、私を虜にし、そこに清平修練会のの癒しにも勝る劣らずの癒しがあると感動した、それらの「すばらしい癒しの術」でさえ、その頂点には、または、根本の解決を施されるお方が「救世主、真の父母」だと原理ではいっているのだと思います。 
 

 神様が立てられた中心人物が自分の考え、心の目でも理解しがたいことを言われても、それを批判することは、原理ではありません。ましてや、勝利された真の父母(メシア)に対してはなおさらのことです。
 インターネットで、ここ数年(3,4年100回以上)まき散らされていた伝聞の噂ごとを疑問も感じずに同じように発言する先輩の方々にも、驚きをかくせません。
 真の父母(メシア)に疑問を感じたら、メシアへの信仰に疑問を投げかけていることです。

 メシアという存在は、自分の望みを投影して、こうあるべきだ、ああいうべきだと、自分の望みを要求する存在ではないはずです。

 それは自由ですが(信仰を捨てることは自由ですが)、お父様が勝利されたと宣布された真の父母(メシア)に疑問を持つものが「原理」云々を語ることはおかしいことです。
 原理に回答を求めるといいながら、み言葉の実体であられる真の父母(メシア)の言動に疑問を投げかけることは矛盾しています。

 私は何人かの先輩の方々の近年のまた最近の言動にがっかりしています。もう少しネットリテラシー、伝聞文書リテラシー、人又聞き伝聞 (身近な家族や友などからの伝聞など)リテラシーを培ってください。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

 
最新のコメントです
プロフィール

ザ. ビクターズ   

Author:ザ. ビクターズ   
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.