安倍元首相暗殺の山上被告はネット工作員―具体的な実証の試み

 安倍元総理暗殺の7.8事件の山上被告はネット工作員
 (過去の記事)

山上徹也被告がNET上でどんな不可解な行動をしていたのかという具体的な実証を試み 1(概要)
  (過去の記事)-リンクUPDATED
***一番下に、ランダムなSCREEN SHOTSをはりつけました。
 説明なしですが、いずれ説明付きのブログを書きますので、ぜひ、SCREEN SHOTSだけでもご覧ください。
    
   安倍元首相暗殺の山上被告はネット工作員―具体的な実証の試み
   
  今回は、米本氏の「ブログ記事5」を中心に山上被告はネット工作員であることの証明  「ブログ記事5」の全容はA 山上が米本氏にコメントした米本氏のブログ記事と回数とハンドルネーム 5参照

山上容疑者がネット工作員であるという推測に至った簡単な経路(山上徹也被告がNET上でどんな不可解な行動をしていたのかという具体的な実証を試み 1(概要)
 A. 私のリサーチの経由
➞1.米本blogの山上と自分の2回にわたる会話を読む(DD 米本和広ブログ5ーDD)B-5参照

➞ 2米本blogの山上の全投稿(DD 、まだ足りない)を読む B-参照
の細かい説明
 
 2つの別のネット媒介体―米本BLOG5チャンネル掲示板のコメント内容が、ネット工作員によりお互いが呼応してコメントを書き込んでいることが明確にわかります。 表現が難しいですが。 日付、時系列、コメントの内容が一致しています。この時のまた、山上被告は、私にコメントをしてきました。また、TWITTERでもメッセージを送ってきました。

以下の2つの別のネット媒介体でもやり取りを読むと山上被告(チーム?)が2つの米本氏のブログでネット工作をしているのがうかがえます。ここででの山上被告=工作員の確信は70%です。

 このスレ「統一教会の何が悪い!79」を見つけたのは山上徹也容疑者が米本氏のブログのコメントで最後に紹介した「北上哲」の掲示版からです。そこから導かれてたどり着いた巨大掲示板が「統一教会の何が悪い」の1~89における79にあたるほんの一部の書き込みです。一つのスレッドは1000の書き込みから成り立ちます。



5.ルポライター米本和広氏「火の粉を払え」360 
山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 3回






    山上徹也被告がDDとしてコメントした5番目の記事ー米本和広ブログ5のコメント欄より
(山上徹也被告がTWITTERでメッセージ、以下のブログ5コメント欄で、私に質問をしてくる)

千鶴 英文 米本 777


千鶴 誤報指摘1

  統一教会の何が悪い!79より

2ちゃんねる 千鶴 統一何が悪い79 北上哲 1,



    山上徹也被告がDDとしてコメントした5番目の記事ー米本和広ブログ5のコメント欄より

米本 誤報ではないかも

         統一教会の何が悪い!79より

5ちゃん 誤報記事書くな英文リンク444


     

5 ちゃん 英語 米 これか 7777777







米本と叩いて自作自演 千鶴

     山上徹也被告がDDとしてコメントした5番目の記事ー米本和広ブログ5のコメント欄より

自作自演 どうして 誤報(米本叩く)1





もすら 誤報とは残念です 山上 1

アじゅま モスラ 米本 2

もすら 最後米本叩き 1

もすら 最期の米本叩き2
もすら 最期の米本叩き 3


        山上徹也被告がDDとしてコメントした5番目の記事ー米本和広ブログ5のコメント欄より

DD(ここに山上徹也ことDD)が私(千鶴)に上記で話題になっている国進さま、仁進様の件と、その他の件(以下の会話を参照)=2世や子どもに関して答え難い長い質問をしてきたと記憶します。その時は、鋭く難しい質問をされたと感じましたが、心をゆさぶられた誠実な質問だと感じたも記憶もあります。山上徹也被告は、下記で見てもわかるように「言いすぎましたので、除去します」と質問コメントは消しています。 今思えば、詭弁を使った質問だったとも思います。


DD 山上徹也容 との会話 1111111

DD 山上徹也容 との会話 2222222

DD 山上徹也容 との会話 3333333

ネット工作のやり方が理解できると そこに、山上が工作員として存在しているということも見えてきます。

 「ブログ記事5」におけるネット工作員のハンドルネームは(集団自演)

「どうして」(彼が言っている内容が違う(統一教会の何が悪い79ではない)統一教会の何が悪いスレに出ていました。)
「アジュマ」ほぼ(集団自演)のハンドル。「アジュマ」は統一教会の何が悪いにでてくる。
「もすら」米本氏を叩-米本叩く、自作自演と5ちゃんねるで語る
「DD」山上徹也の公表しているハンドルネーム。 私が米本氏の誤報を指摘した後のコメントでいろいろ質問。
 私がすぐに答えられなかった山上の質問は工作テーマ1(プロパガンダ)が入っていた記憶が蘇る。
 


  以下3つ1.2.3.のスナップショットは、他の「統一教会の何が悪い」と【統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】の掲示弁で同じネット工作員または仲間が書き込んでいる内容です。

1.本当の自作自演について


2.SGC トリップ 米本blog アベル



3.詭弁のガイドライン 統一75




A. :山上が米本氏にコメントした米本氏のブログ記事と回数とハンドルネーム







1. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」335                                                         山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 2回




2. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」342 山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 2回

3. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」345                                              山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 1回

4. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」347                                                                  山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 1回

5.ルポライター米本和広氏「火の粉を払え」360 
山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 3回


6. ルポライター米本和広氏ブログ 362
 山上徹也が「DD」というハンドルネームでメント)コメント数 1回


7. ルポライター米本和広氏ブログ 365                                                      山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 1回

8. ルポライター米本和広氏ブログ 371
山上徹也が「DD(A)」「DD(Aかつ(元)やや日読者)というハンドルネームでコメント)コメント数 3回(注)(元)やや日読者 と A



ルポライター米本和広氏ブログ 373 山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 2回

10. ルポライター米本和広氏ブログ 389 山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 2回


     7年7カ月後 

11. ルポライター米本和広氏ブログ 373 
山上徹也が「まだ足りない」という ハンドルネームでコメント)コメント数 1回


12. ルポライター米本和広氏ブログ 389 
山上徹也が「まだ足りない」というハンドルネームでメント)コメント数 2回



  その他のランダムなSNAP SHOT

   米本和広氏のブログより

DD  北上哲 紹介111111111


DD 北上紹介2

dd 北上紹介3


dd 北上紹介4

米本―北上哲暴く

米本 北上暴く2
 北上哲掲示板の沢山あるうちの一部の項目


北上哲掲示板 なりすまし3

北上哲掲示板 2 なりすまし



 統一教会の何が悪い77
統一教会の何が悪い!!!!【Part77】最後まで続スレッド


好雄兄 北上 アベル記事


好雄兄=薮下≒北上―山上  アベルタイムス記事


有田  東大新報 キュア好雄 -北上;山上


有田 北上 TWITTER アベル記事

安倍総理葬れ!北上哲 好雄 アベルタイムス記事

安倍元首相暗 お墓 2018・10 アベルタイムス記事




小沢一郎、TWEET 安倍元首許さん! 統一77  山上 アベルタイムス記事

安倍元首相暗 沖縄基地 好雄兄―北上 葬れ!アベルタイムス記事

有田芳生  小沢 安倍批判  アベル記事


通りすがり 北上哲 アベルタイムス記事

有田芳生  小沢 安倍批判  アベル記事
なりすまし、スパム
キュア好雄 統一原理 スレ間違える アベルタイムス記事
Screenshot (342)
統一79と捜査用公開資料
SDG 詭弁
SDG 名無しさん
NY 65 LOKI 私は猫派  ぶえるだんで
自演の証コ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


  

山上徹也被告がNET上でどんな不可解な行動をしていたのかという具体的な実証を試み 1(概要)

安倍元総理暗殺の7.8事件の山上被告はネット工作員


BLOGにすぐに書くといいながら大分経ってしまいました。もう少しでオオカミ少年のおばあちゃん、オオカミおばあちゃんになるところでした。
  書いて書き換えの繰り返しになってしまいました。
 読み手がわかるようにと思いながら、複雑な内容なのでこれでは、何を自分が言いたいのかわからなだろうと試行錯誤ばかりでした。理解されないと、重要なことが伝わらないと思い頭が、回らないこと、白くなることがありました、
 
  最後は、昨日右指の真ん中の指を6針縫う事故がおき、それ以上の大変なことが家族に起こりました。が
 今は、心も状況も穏やかです。


  では、本題に! 概要ですので、物足りないと思われるかと思いますが、この次BLOGは➞1.から ➞11を一つ一つ細かく説明していきます。 概要を書いたので、次に細かく書いても何を言いたいのか、わかりやすいと思います。
  
又、リンクも直接CLICKしたら開けられるようにしたいと思います。 今回は書いたものをPASTEしてとにかく、一つはUPLOADすることを先決にしました、
  また工作員の作った巨大掲示板は 超エロ動画や写真が沢山挿入してあり、取得したWEB魚拓をリンクしたいと思います。 少しお待ちください。WEB魚拓リンク以外はお勧めしません。

   私が特に参考にしたWEB SITE の抜粋
  
統一教会の何が悪い!!!!【Part77】(WEB ACRCHIVE)
(このスレが"統一教会の何が悪い‼の最後➞78.79,89よりも後に続く。2019年)


統一教会の何が悪い!!!!!【Part78】WEB魚拓

統一教会の何が悪い!!!!!【Part79】(WEB ACRCHIVE)


統一教会の何が悪い!!!!!【Part89】(WEB ACRCHIVE)

統一教会の何が悪い!!!!!【Part67】(WEB ACRCHIVE)


統一教会の何が悪い!!!!!【Part64】( no WEB ACRCHIVE)

統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】5 WEB魚拓

統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】8 WEB魚拓

統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】9 WEB魚拓

統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】10 WEB魚拓




北上哲 統一教会への復帰を目指して 

殺人も摂北上哲 好雄兄  理の為だったら善になるのだ 国の法律 天の法律(北上哲の掲示版の一部)


たまたま見つけたのですが・通りすがり・・ - 2012/09/22 (Sat) 21:20:20 某巨大掲示板に北上哲さんの考えが載ってるみたいです。(北上哲の掲示版の一部)

北上哲版 :火の粉を払え2014 「統一教会への復帰を目指して」と「統一原理批判は取るに足らない」では、僕は偽食口でした。偽食口を演じる中で反カルトのカルト性に気付きました。



以下 :山上が米本氏にコメントした米本氏のブログ記事と回数とハンドルネーム


1. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」335                                                         山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 2回

2. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」342 山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 4回

3. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」345                                              山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 1回

4. ルポライター米本和広氏ブログ「火の粉を払え」347                                                                  山上徹也がDDというハンドルネームでコメント)コメント数 1回

5.ルポライター米本和広氏「火の粉を払え」360 
山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 3回


6. ルポライター米本和広氏ブログ 362
 山上徹也が「DD」というハンドルネームでメント)コメント数 1回


7. ルポライター米本和広氏ブログ 365                                                      山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 1回

8. ルポライター米本和広氏ブログ 371
山上徹也が「DD(A)」「DD(Aかつ(元)やや日読者)というハンドルネームでコメント)コメント数 3回(注)(元)やや日読者 と A



ルポライター米本和広氏ブログ 373 山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 2回

10. ルポライター米本和広氏ブログ 389 山上徹也が「DD」というハンドルネームでコメント)コメント数 2回


     7年7カ月後 

11. ルポライター米本和広氏ブログ 373 
山上徹也が「まだ足りない」という ハンドルネームでコメント)コメント数 1回


12. ルポライター米本和広氏ブログ 389 
山上徹也が「まだ足りない」というハンドルネームでメント)コメント数 2回



 
   馬渕睦夫さんが、多くの大手メディアからの情報は操作されている。誰かから一方的に与えられた情報も操作されている場合がほとんど。だから既存している情報の中から自分で情報を分析して真実を発見していくことが大切というような筋のことを言われていた記憶があります。
 
 以下の分析はそんな感じの分析かもしれません。
  10 年前2012年の山上被告との「会話」の因縁ををEntrance(入口)として、過去、2012年以前から7.8事件の直前までの中にあるネットに意図的、意図なしに存在する情報を総合して、自分なりに分析しました。
  また未完成ですが、山上徹也容疑者は単なる「統一教会による被害者としての恨みにより事件を起こしたのではない」ということの実証を試みます。
   以下に書くことも、実証の骨組みのような感じかもしれませんが、後に書いていくことがが理解しやすくなるようにと期待します。


  真偽がごちゃごちゃのネットの世界。特に左翼、反統一の牧師、強制脱会させらた元信者や保守撲滅を願う組織が敵対視してきた統一運動関係(旧統一教会、国際勝共連合や原理研究会など)のネッツ世界には捏造が多く存在します。
 そんな中真偽をを見分けていくのは困難ですが、安倍元首相暗殺事件以後、少しず貯め続けた、WEB RESERCH の結果
をここに公表したいと思います。
   また一つの頭(私)よりも10の頭でRESERACHしていけることを願いながら、未完成ではありますがUPLOADします。

 
    山上徹也被告ネット工作 概要
 
  
    現在、浮かび上がってきた山上徹也像は共産主義的な思想を持つネット工作員ということです。
  
  彼(ら)は自分で立ち上げたBLOGや掲示板や米本BLOGや反統一、統一関連のBLOGなどのコメント欄を通して、様々な詭弁論法を使って、議論させながら自分の思想的な土壌に引き込み自作自演、集団自演などを頻繁に行い賢い工作活動をしてきました。
 
 ***彼(ら)は手口が巧妙。反対派だけれども、反対派を牽制したりする。 自分は、、、に反対と言いながら、反対派の意見に対してチャチャを入れる。
   
   誰のため、何のための工作かは、朧気には見えますが明確にはまだわかりません。


      統一関係のネット世界でネット工作員の一つのメインテーマ(?)は:
 (数日前の吊りしのぶというBLOGをTWITTERから読み、ネット工作員の一つのメインテーマというのは
プロパガンダ”という言葉がぴったりだと思いました。以下「ネット工作員の一つのメインテーマ」と書いたところは(プロパガンダ)とカッコで付け加えていきます。(この訂正BLOG UOLOAD の4日後)

 (私も言葉で完全に表現しきるほど、明確には見え切っていませんので、お許しください。ネッツト工作の中心的のテーマ、大体、こういう感じです。)
 ネット工作テーマ1( プロパガンダ)「旧統一教会は人権ー子供の人権を奪い、偽装勧誘、正体隠しの伝道、霊感商法などでマインドコントロールを使い人間の選択の自由の権利、財産をはく奪してきた危険な団体である。 目的のためなら、(救い)国の法律をも犯してもいいと教える。=完璧な信仰者は殺人も犯す。(と北上哲-なりすまし工作員にいわせる)
 救いという目的のためなら国の法律をも犯す。完璧な信仰者は殺人をもしかねない。(山上徹也―北上との会話で赤報隊などとkとを持ち出し、
統一教会は宗教の強制,ネグレクトなどで子供の人権をも犯している、偽装勧誘、正体隠しの勧誘、霊感商法による財産のはく奪、マインドコントロールで人の選択の自由の権利犯している‐拉致監禁強制改宗も動機は家族愛!家族を救うため家族愛のためやっている=やってることは旧統一教会と同じ.だが、信者、信者2世の人権をはく奪し、国の法律をも犯す諸悪の統一協会(統一運動全てを含む)の被害者をいまなる手段を用いも救済するべきだ(拉致監禁の正当化)=物理的拘束=暴力、暴言の正当化。
 、、、、こんな感じです。表現がうまくできず後で言葉を修復するかもし。(ブログUPLOADの4日後、言葉尻を訂正)
 
 上のような感じの理論が山上DDが出てくる80%の会話で議論が展開されています。
  後でSCEEEN SHOTと、関連リンクをはります。

  最後はその延長上に「まだ足りない」こと山上被告(親の霊感商法から多大な献金の犠牲と盲信信者母親のネグレクトで人権を子供として奪われた山上徹也)が米本blogのコメント欄で「まだ足りない」というハンドルネームで
[復讐は己でやってこそ意味がある。
 不思議な事に私も喉から手が出るほど銃が欲しいのだ。]と言います。

 

 「統一教会は宗教の教祖への奴隷化(ポルポト、ヒトラーと同じ)を強いる。その巨悪からの救いのためなら暴力革命は善である。」という感じて決意していきます。
  「DD」は冷静、「まだ足りないは」は感情的という違いはありますが、言っていることは一直線上にあるように思いました。


 拉致監禁を肯定するハンドルネームSGDや韓定食たちの工作員とDDは集団自演をしているので、山上被告は、ルポライター米本和広氏よりも、むしろ、日弁連、反統一教会牧師、鈴木エイトなどに、近いように感じました。
  (この実証は他の掲示板の分析、米本blogとの関連性、使われるハンドルドルネームで案外、明確にわかります)
  SDGの掲示板、韓定食のBLOG, 某巨大掲示板1-89、巨大掲示版、5、8、9、10、北上哲掲示板がありますので、後で重要なものだけ
  
  コメント欄の集団自演は、詭弁論法が使われていて、どのハンドルネームが集団自演をしているかということが理解できると解読しやすいです。後で、それも書きます。
 


 また、旧統一教会の反対派(日弁連、改宗屋)の議論の手口、また米本和広氏のブログなどでもよく使われている統一教会と反統一教会の使う特殊な言葉を理解すると理解しやすいかもしれません。
 
  米本和広氏の「火の粉を払え」BLOGは旧統一教会側から「このような「誤報」掲載とそれに対する米本氏の対応姿勢と、誤った憶測や分析に基づいた情報をただ発信するだけの報道姿勢は、報道人として余りにも無責任の一言に尽きます。」という講義文(米本blogより)を指しつけられていたということも念頭に入れていくと、また、山上被告は米本氏に投稿してきた背景が理解できると思います。それも、後にUPLOADします。







また、最初のBLOGにも書いたように、山上容疑者、またはその仲間の長年にわたる反統一の掲示板が2019年から安倍総理を撲滅するという怒りに満ちた書き込みがずらずらと書き込まれておわっています。(私はそれ以後のスレッドは見つけられません。)
 
 その掲示板があるときから一人または数人の仲間で書き込まていただろうということも後で実証します。
    
次は

 山上容疑者がネット工作員であるという推測に至った簡単な経路をお伝えします。
 A. 私のリサーチの経由
➞1.米本blogの山上と自分の2回にわたる会話を読む(DD 米本和広ブログ5ーDD)B-5参照

➞ 2米本blogの山上の全投稿(DD 、まだ足りない)を読む B-参照

➞3米本blogの山上のDDとしての最後の投稿で山上が唐突に紹介し現れた盲信統一会員‐摂理のための殺人は善という「北上哲」と山上が同一人物、またはチームのような関係がある直観 (それ以前の同年9月にも「北上哲」はコメントを残した)
B-10コメント欄 参照  ハンドルネームDD(山上)と北上の最後の投稿(米本BLOGへの)と SCREEN SHOT.  DD(山上、北上、第4アダム)による集団自演(***ネッツ工作テーマ1***)(プロパガンダ)を語らせる

➞4山上がDDとして北上哲を紹介した2か月後、米本氏がご自分のblogで、「北上哲」とそれに関係する人物やハンドルネームを、米本氏の情報をもとに暴く〈北上哲はハンドルネーム韓定食、ミセスキム、第4アダム、また、もとスパイ的元勝共、アンチ第4イスラエル、有田、紀藤、エイトとの関係の可能性)「魑魅魍魎の世界にようこそ」参照***➞4

➞5「北上哲 統一教会」とGOOGLEし北上哲は多くのハンドルネームとなりすましを誹謗中傷の常習犯のハンドルネームと判断-blog、twitter, 北上掲示版に目を通す。そこで、関係するハンドルネームを記録。米本氏のブログ開始のころから、コメントをしてハンドルドルネーム 参照 D( web link はここで省く)北上または仲間が、有田芳生に盲信元信者の振りをしたTWITTERを送る

➞6「北上哲」の掲示板でハンドルネーム「通りすがり」が「北上哲」の考えが書いてあると5チャンネル「統一教会の何が悪い79」(D参照を紹介、それを読むと私とDDこと山上がコメントしたと同じ米本blog5(B-5参照)のリンクがはりつけられ、私の名まえ「千鶴」が出てきて、山上が質問した内容が話題にされていた。また、彼が私に質問してきた時と同じ心象をうけた。ここで、ハンドルネームDDこと山上徹也が工作員のようなことをしている北上哲とほぼ、確信。




➞7「北上哲」の掲示板で ハンドルネーム「通りすがり」が「北上哲」の考えが書いてあると5チャンネル掲示「統一教会の何が悪い79」が
統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】9 を紹介
ここで米本blog6(B-6参照)の工作コメントにつて工作員が話している。
DDも、同参していると解釈ができる。ここで、詭弁が使われている。

常識統一教会員を偽装した(山上工作員チームまたは単独)ーdanniyyle ,どうして DD (山上)に****1工作テーマ1(プロパガンダ)を語らせる

参照****➞ **ネット工作テーマ1***(プロパガンダ)

➞8-B-8の米本氏の火の粉を払えに使われた「DD(Aかつ(元)やや日読者)」という山上徹也容疑者のハンドルネームについて
統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】5
で匿名者「神も仏も名無し」がYOSHIのブログのコメントを語る。このスレは米本氏に投稿禁止をもらっているSDG(拉致監禁擁護者で工作員)ブログのコメントの内容とコメントのハンドルネームとみれば、山上徹也が集団自演と女装したコメントだとわかる「やや日読者」と証拠をのこす。
【727 :神も仏も名無しさん:2012/03/21(水) 10:20:05.80 ID:ihBx80Zn
Yoshiさんのブログにあの胡散臭い手記について記事が出たわ。
正義感あふれる記事だけど、コメントしてきたわ。(ここでも集団自演がみられる)

http://humanrightslink.seesaa.net/article/258973289.html?reload=2012-03-21T10:12:28

本物の私という証明でこちらにも書いておくね。

コメントの内容は*****1工作テーマ1(プロパガンダ)です。ここでも、山上がネット工作員であることがわかる。


➞9「まだ足りない」もコメントも*米本氏への手紙は** ネット工作テーマ1 (プロパガンダ)の完遂の予告


➞10
米本和広氏が7.8事件の直後 新に立てられたブログ「山上を救え」での 週刊文春のインタビューの記事。

 ➞11その他
米本氏がまた、週刊文春のインタビュー山上の手紙を引用
〈私は「喉から手が出るほど銃が欲しい」と書きましたが あの時からこれまで、銃の入手に費やして参りました。その様はまるで生活の全てを偽救世主のために投げ打つ統一教会員、方向は真逆でも、よく似たものでもありました〉
これはネット工作テーマ1です。
   [方向は真逆でも、よく似たもの」
統一教会の狂信的信仰による人権侵害をする救いと山上の狂信的、恨みによる物理的な力を用いた暴力による救い
 
 米本氏曰く: これは彼が自分自身の行動を「反カルトの行動」に被せて書いたのではないかと思います。問題点がよくわかっているんです。
  
 
   私曰く「?????」です。「反カルトの行動」=カルトを上回るカルト行動をしている人々が、日弁連、改宗屋、反統一牧師の強制改宗屋、鈴木エイトETC,,,です。「反カルトの行動=カルトを上回るカルト行動」を批判していた米本氏に、山上は反カルトとして最大限超超反カルトの行動=殺人(カルトを上回る超カルト行動をします、と言っているわけです。山上は全く問題がわかっていなかったのか、米本氏の反カルトのカルト批判に全く賛成していなかったということではないでしょうか。
 
 それどころか、山上徹也被告は反カルト=カルトを上回るカルト(例:有田芳生氏と紀藤正樹弁護士を先頭とする日弁連、被害弁連、鈴木エイト,反対牧師)と同じ方向を向いて突進したわけです。
 


1.http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-335.html…2(DD)
2.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-342.html…2(DD)
3.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-345.html…1 (DD)
4.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-347.html…1(DD)
5.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-360.html…3(DD)-DD私に長い質問。5ちゃん掲示版
統一教会の何が悪い!!!!!【Part79】356-375
で米本氏のブログ記事5のリンクの貼り付け と私―千鶴のコメントを言及(自作自演で米本叩く、ETC...)
6.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-362.html…1(DD) 5ちゃん【拉致監禁?保護説得?】9で米本氏ブログ記事6.のリンクの貼り付け-記事でコメント欄の会話を言及-集団自演-SDG ミセス・キム、ヴェル韓定食もSDGも辰 第4 スレッド269,270
7.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-365.html…1(DD)
8.http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-371.html… 「DD(A)」「DD(Aかつ(元)やや日読者)
���ꋳ���̒E������y�f�v�ċցH�ی�����H�z5統一教会からの脱会説得【拉致監禁?保護説得?】5





9.http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-373.html…1(DD)
10.yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-389.html… 2「dd」
 
  7年7カ月後

11.http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-1170.html. 2「まだ足りない」
12. オール統一ブログ村は統合失調症であふれかえっている 2 「まだ足りない」

13. 統一と反統一との奇妙な一致 3 「まだ足りない」

      山上容疑者が手紙を送ったルポライター米本和広のブログ「火の粉を払う」と山上のコメント
   
  12年間続いた長期のブログ「火の粉を払う」と7年7カ月も間がある山上徹也被告のコメント
米本氏が反統一協会陣営の人びとから「ご自身に降りかかる火の粉を払う」目的で統一関連に関するブログ「火の粉を払う」を打ち立てたのが2009年。閉じたのが2021年ですから12年弱書き続けられた長期のブログでした。
 記事の数はざーと簡単に見積もってみると約1000本以上(名誉棄損の内容で、教会本部、教会員からクレームが入り除去されられた記事もあると記憶します。-注1)コメント数はいつ頃かはわからないですが、だいぶ減少してきていたようなので多分全部で20,000コメント前後かもしれません。
 私が今回調べた結果、驚くことに同じ人が名前を変えたりして沢山投稿をしているので、まじめなコメント者―投稿者はそれほど多くなかったかもしれません。 
 そそこに気ずくとの中の一人が「DD」「まだ足りない」こと山上徹也容疑者で、工作を仕掛けていたということが納得しやすくなります。


 山上容疑者が2012年2013年にコメントと米本ブログ「火の粉を払え」に書き込んだのは、1006本の記事のうち10本の記事の内容に対してです。
17コメントの投稿だけです。(敢て、DD山上としてと強調しておきます。)期間は2012年6月から2013年2月 -7カ月の間。
  そして、その7年7カ月後
 「まだ足りない」(注2):として投稿したのは2020年9月7日から2020年12月16日の3本のブログに対して7つのコメント投稿だけです。
   次は、もっと具体的な内容です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

 安倍元総理暗殺の7.8事件の山上被告はネット工作員

 安倍元総理暗殺の7.8事件の山上被告はネット工作員

ネット工作員は手口が巧妙。反対派のように見えて、実は反対派を牽制したりする。 自分は、、、に反対と言いながら、反対派の意見に対してチャチャを入れる

 
  以下に書くことは、私のリーサーチによる「大胆な推測」です。
その推測を裏ずける沢山のネット検索における資料も保存てきました。後に順番に公開していきたいと思います。
 また私の「大胆な推測」を否定をする人がいても当然だと思いますが、なおのことサイバー警察のような機関がすで丹念に調査してくださっていることを期待します。
 
 私のは7,8事件以来、誰でも確認できるネットに存在する情報を丹念に検索し集めてきました。きっかけは、山上被告との米本blogのコメント欄での10年前の会話です。その20行にもならない会話と、彼の他のコメントを読んでみても山上が統一教会に対する恨みにより、安倍晋三元首相事件が起こしたとは、とても飛躍しすぎで腑に落ちませんでした。
 私が公開していく情報をそれぞれの自らの目で確かめて 判断していただきたいと思います。

 
  私は、山上被告はネット工作を長年やってきたとほぼ確信に近い思いを抱いています。
 「山上被告が工作員」であるということ、イコール「山上が統一教会に個人的な恨みを持っていなかった」ということのにはなりません。
 でもその背後の何らかな不気味な組織が存在していたという説も考察していくべきだと思います。し、調べていくうちにいろいろな影か見え隠れしてきました。
  

  彼はあらゆるネット界隈での多くのハンドル名を使いこなしネット工作活動を安倍元首相暗殺事件直前に至るまで行なっていたと考えます。
 それは以前私のTWITTERでも少し触れました。
山上被告がともに工作活動したていたチーム(?)もいた可能性が高いです。

 山上はあらゆる伝達、発信方法を使いネット界隈、特に家庭連合(旧統一教会)関係のネット界を何等かの目的があり意図的に粘着的に混乱させてきたと思われます。
 
  私が、探知できたネッツ媒介体はブログ、 個人の掲示板と2ちゃんねる、5ちゃんねるなどの巨大掲示版、EMAIL、 反家庭連合(反旧統一教会)ブログ、 家庭連合(旧統一教会)ブログへの熱心なコメントやTWITTERなどです。
  そこで行われてきたのは、何十以上のブログ作成、巨大掲示版のスレッドの作成と書き込み、TWITTERで誹謗中傷となりすましの詭弁を使った書き込み、他のブログのコメント欄への書き込みなどです。
 それらの多くは多種多様なハンドルネームを使い、多種多様なキャラクターを演じる自演自作、なりすましで行われていたと思います。
 
 また、ルポライター米本氏のブログへのコメントにおいても、山上自らの手紙で告白した2つのハンドルネーム「DD」「まだ足りない」としての投稿以外、何十をはるかに超えるハンドルネームで投稿していた可能性があります。時期は米本氏がblogを立ち上げた当時からです。
 多分ルポライタ―、米本氏へのブログへの存在感と投稿の数おいては、山上または彼にまつわるグループ工作員が投稿したその量は数においては突破していたと考えます。
 ルポライターなる米本氏の「火の粉を払え」というブログに工作員たちが頻繁に出入りしコメント欄を炎上させていたこと、かつ米本氏ご自身も真面目に彼(ら)コメントを交わしていたことという事実はとても不思議です。
 
 
 一つ特記しておきたいことは、何十年もにわたって同じ形式で始まり、同じ詭弁形式で書き込まれ続けた、山上被告とその仲間たちが造りあげてきたと思われる某スレッド「反統一」のテーマの巨大掲示板の内容のことです。
 2018年ごろから元安倍首相批判と罵倒中傷がおおくみられ、特に2019年に入ると元安倍首相批判と罵倒中傷の一色に変わっていたということです。誹謗の中心は辺野古基地の埋め立て問題に集中していました。

  それ以後、20年続いたその某「反統一」の掲示版のスレッドは立てられていません。(私が見逃していないのなら)

 2019年から始まった 山上徹也被告Twitter投稿は「憎むのは統一教会だけ。結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない」.と書き込んであり、「政治的意図はない」と主要ミディアもそこだけを強く強調しました。
  
  
  山上徹也被告が7.8事件直前にルポライター米本和広氏に送っていた手紙といわれる手紙にも「安倍は本来の敵ではないのです」と書かれており、主要ミディアもそこを強調しました。

 そしてこれから私の「大胆な推測」に至ったネッと情報を発信していきますがその前にノートして置きたいことがいくつかあります。
 10年前、私が「山上徹也」とネットで交流したとき私は彼が自分の子供のような感覚を受け書いたこと。
 その感覚は今も蘇ってくること。
 被告山上徹也と書く時は心に憚れる思いがします。
  後日に表示していく「山上への十行ぐらいの私のコメント」にもそれが読み取れると思います。
 でも、テロ行為により、安倍元首の命が奪われたこと、その卑劣な暴力は断固として肯定できず、安倍元総理を失った私達の悲しみは消えません。世界において民主主義、と経済面、人権の推進に多大な貢献をされた安倍元総理を失った世界はとても明るい灯を失ってしまいました。
 また、7.8事件後、世界平和のために様々な活動をおこなってきた旧統一教会が不当に攻撃されていることにも対しても並みならぬ憤慨を抱いています。
  

 私は 愛、許し、悔い改め 自己反省の必要性を前提、根底としてこの記事を書いていきます。が
 私はこの暗殺事件に家庭連合の信者としてばかりではなく、一人の人間として断固として抗議していきたいと思います。しっかりと、国民の民意が反映され、国民の権利が守られるの法と秩序に守られた民主主義世界であってでこそ、真の愛や許しの世界も実現していくのだと思います。
 
 もう再び日本語のブログを書くこともないと考えていました。 
つたない日本語をお許しください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

ジャンヌダルクばかりではなく後藤徹さんや普通の人も聞いた「神様の声」

 今日は、私がこの日本ブログ村とかかわるきっかけを作ってくれた後藤徹さんと「神様の声」ということに少し心をはせてみました。
 後藤徹さんが12年5カ月にわたる拉致監禁を乗り越えて、その後強制改宗撲滅を目指す裁判のために陳述書を提出されました。
 裁判記録としてブログサイトにものせられており、それを読ませていただいて一番、心を動かされたのは監禁中に後藤さんが極限の中で神様の声を聞いていかれたとういきさつの部分です。
 「拉致監禁by宮村の裁判記録
 http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-286.html
  GOD;S LIGHT

 また、同じよう監禁中に何人かの拉致監禁生還者のかたが神の声を聞かれたり、不思議な神体験をしたという証を読んだ記憶もあります。 
 信仰を持つものとして、迫害や困難の中に神様が生きて働かれているという体験の証ほど心を打たれるものはありません。
 
 神様の声を聞くということが、ジャンヌダルクや(以下にあげる)マーティン・ルーサー・キング牧師のような有名な方たちに限られたものではないということなのです。
 
 神様を信じるものは、宗教迫害の経験からその解決の過程の中での生きた神様との出会いがあるがゆえに「人権問題の解決と神とのかかわり」を切り離すことができないということが実感として認識しやすいのかもしれません。
  
 アメリカの公民権運動などもキング牧師を先頭とした強い宗教的基盤のゆえに勝利をしていったのかもしれません。
 http://press.princeton.edu/titles/8651.html
 でも詳しいことは、やはり勉強をしなければうまく言い表せません。
 
 images (84)

 
   私が以前どこかで読んだことがある マーティン・ルーサー・キング牧師の自叙伝にも彼が極限状態にいる中で「神様の声」を聞いていったことが書かれています。
 
  でも、それを彼が人々の前に語ったのは11年後だということです。
  
  この頃の背景は、ローザ・パークスのモンゴメリー・バス・ボイコット事件(公営バスの運転手の命令に背いて白人に席を譲るのを拒み、人種分離法違反の容疑で逮捕)が勃発したころで、キング牧師が公民権運動の若いリーダーと引き立てられてきた頃だとおもいます。
 また当時は北部のシカゴから来た黒人の少年が、南部で白人女性に声をかけたために白人の男性によって殺害される様な時代でした。
 その裁判では少年を殺した白人の男性に対しては無罪が言い渡されアメリカ全土に衝撃が走っていたということです。
 
 このような暴力的な差別が平気で行われるアメリカで非暴力という武器で差別に闘いを挑んだのがマーティン・ルーサー・キング牧師です。
birmingham-protests1.jpg


  彼はいつも命の危険と隣り合わせでした。 脅迫電話が毎日のように続く日々でした。


 images (39)


 以下は自叙伝「Stride Toward Freedom」からの 抜粋の簡略した訳です。
https://www.amazon.com/Stride-Toward-Freedom-Montgomery-Legacy/dp/0807000698/ref=pd_sbs_14_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=W5NHN5HRV9B20R789H17
 脅迫は続き毎日白人たちが私を殺すという計画を立てているという警告が私の耳にはいるようになりました。
ほとんど毎晩私は明日の不安を胸に抱き床についたのです。
 そして夜が明けると私は妻のコレッタと3歳の娘を眺めながら一人思ったのです。
いつか自分たちはひき離されるかも知れないと。 
 1月も末近いある晩、私は一日中忙しく働いて夜遅くに床につきました。 私がうとうとしていると突然電話が鳴り電話口からは怒りを含んだ声で 「聞け黒ん坊よ ! ! 気の毒なことだが来週おまえがモントゴメリーにくるまでに俺たちは欲しいものをことごとくおまえから奪い取る !!」と。
  電話は切れたのですが眠れませんでした。
潜んでいた恐怖が一度に襲って気ました。
 
 king.jpg

  
  ここからは自叙伝の一部が記載されている「NATINAL CATHOTIC -REPOTER」の一部を引用しました。
 https://www.ncronline.org/blogs/road-peace/god-dr-kings-kitchen-table

 私はもう、諦めるところでした。 
私はベットから飛び起きて床の上を歩き始めましたが、ついに台所へ出かけて眼の前のコーヒーを口にすることもないまま私は一切を断念しようとしました。
 私は卑怯者のように思われないで、なんとかうまくこの運動から抜け出す手がないかあれこれと考たのです。
疲れ果てた状態の中で、勇気がすっかり消えうせていた時、この問題の解決を神にゆだねようと決意したのでした。
 
 両手で頭を抱え込み台所のテーブルの上にかがんで声大きく祈ったのです。
この日の真夜中に、私が神様に語った言葉は今もありありと私の記憶の中に残っています。

 「私は、今ここで自分が正しいと信ずることのために闘っています。でも今私は怖くなりました。人々は私の指導を求めています。そしてもし、私が力も勇気もなく彼らの前に立てば、彼らもたじろぐでしょう。
 私の力は今まさに尽きようとしています。私の中には何も残っていません。
私はすでにもう1人では到底立ち向かうことのできぬところまで来てしまいました。」
 その瞬間、今だかつて体験したことのないような神の存在を経験しました。 

 「正義のために立ちなさい。真実のために立ちなさい。そうすれば神は永遠にあなたの傍らにいます。」 という静かな確かなる内なる声が語るのが聞こえるようでした。
  殆どいっぺんに恐れが消え始め不安は消え去りました。
そして、どんなことがあろうとそれにに立ち向かう覚悟が出来たのです。
  
 以上が、キング牧師が「神の声」を台所のテーブルに伏せている時に聞いた自身による証言です。
この神様との出会いゆえにそれ以降、キング牧師が黒人の公民権運動のために命をかけていくことができるようになったというとです。
king7.jpg king2.jpg
50604653_edit.jpg LBJ-MLK-Civil-Right-Act-1964.jpg
                    President Lyndon Johnson signing the Civil Rights Act of 1964, with Dr. Martin Luther



  We shall overcome
(アトランタ、ジョージア州にある、モアーハウスという私立の黒人の優秀な学生が全米から集まる大学のコーラスです)
 https://youtu.be/Aor6-DkzBJ0
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

今でもキラキラと、、、。

  日本から先々月帰ってきてブログを久しぶりに書こうと思いながらも雑多(?)に追われ書くことができずにいました。

  去年、今年と2年続けて日本に帰ってきました。今までは悲報を受けて緊急に帰ることがほとんどでしたが、これからは無理をしてでも故郷に習慣的に帰ろうと決意したのでした。
 
 今回は、韓国の清平での修練会を終えた2人の子供を韓国から静岡空港まで飛ばせて私はシカゴから中国経由で静岡に飛びました。昔、遠足でいったあの牧の原台地に空港ができ、飛行機がそこに着陸したときは涙が出そうなぐらい感激をしました。
 子供たちには初めての日本訪問、親戚との初対面となりました。
 話に聞かせていた「そびえたつきれいな富士山」を見せてあげようと毎日、空を見回したのですが残念にも見えなかったのです。
 義理兄に聞いてみれば、夏は雲や霧で富士山は見えにくく、秋や冬にはくっきりと見えるということでした。

  私の心の記憶の中では故郷には富士山が365日、見えていたはずなのでした。
 娘は汽車の窓から、かすかに頭を見せていた富士山を見つけては嬉しくて写真を何枚も撮っていました。
fuji.jpg


 
  姉の家族のところに滞在しながら、たくさんの懐かしいところをたずね、親戚、友達にも会いました。

  いまだにボスである姉に買い物につれていってもらい、きれいなアクセサリーのあるところを通りながら「あなたは、キラキラしたものが好きだったよね~。」と姉からしみじみと言われました。
 
  私としたら故郷の思い出といえば「蛙にどじょう、せみ、とんぼ、ばった、くわがた、カブトムシや魚とり」なのです。
そしてそれが、どんな宝石にも勝り私の心の中では、色あせずに輝いているのです。
  


images (2)images (1)download_20180417031332ba8.jpgTOMBO2.jpg
 


でも姉にそう言われてみればイルカさんの「夢見る少女の頃は~」という懐かしい歌に出てくるように「毎日、ビーズに糸を通していた」時もあったのでした。

  


  373533-bigthumbnail.jpg

 
  私は36年前、19歳で統一教会に出会い野村健二さんという方が書かれた統一原理の入門書のような本を最初に読んで目からうろこが落ちるほど感動をしたのでした。人生の中で、最高の宝を見つけたように何かとても魅力的な世界に惹きつけられていったのを思い出します。(すべてが魅力的な世界ではありませんでしたが)
 「目からうろこが落ちるほど感動をしていた」と表現をしたのは、その当時はたから私を見ていた姉でした。

  それから教会で献身的に歩み31年前の今日9月27日、同志100名の兄弟姉妹とともに松涛本部(?)で古田(元)副会長たちから激励のお言葉をいただき、200名人事の第2陣としてアメリカへの人事をうけたのでした。
 人事先はNYにおられた神山先輩のもとで振り分けられ、全米の開拓伝道所でした。
 
  

  あれから30年プラス、自分が選んだ道は紆余曲折があったし、これからもあるでしょうけれども、今でもこよなくキラキラと輝いています。
  
 corn feild

 今年の春にラスベガスの会議に参加させていただきました。
2世の新しい指導者が企画したユニークな会議でした。
 (会議に参加して、今何をしているの?と問われると頭が上がらない立場なのですが、、、、、)

 そこで全米の指導者の人たちが、過去にも勝るゆるぎない信仰の中によりひとつになりつつある姿に出会い感動をしました。
いろいろな方々と正直に話しを交わす中で、私たちの統一運動体は大きな試練を何度も乗り越えながらより洗練されつつあるとも感じました。 
616711673973804658.jpg

 
 ダイヤモンドは炭素(たんそ)から出来るのですね。

 永遠の輝きを誇るダイヤモンドと鉛筆の芯との違いは何なのだろうと考えます。

ダイヤモンドは地球のすごく深いところで物凄く熱い上に強烈な力で圧迫され、押さえつけられて出来るようです。

 その為に炭素の粒子たちが強く結び付けられ、そしてダイヤモンドとなっていくようです。
 
まるで、私がラスベガスで会った多くの兄弟姉妹たちのようです。
 
  今、天におられる真のお父様とひとつとなられたお母様の率いられるの世界平和家庭連合を中心とした統一運動は、
ダイヤモンドになる過程を通過しているのかもしれません。

 私は、最近の統一運動、家庭連合の中で、より御言葉の本質が吟味されるようになり何が私たちの根幹となるものなのかということが、より明確に提示されるようになり、とても感動をしているものの一人です。

 31年前に渡米する私たちに激励の言葉を持ち、心配しながら送り出してくれ育ててくださった私の家族と日本の大家族の皆さんに感謝をこめて、この歌をお送りします。
 数ヶ月前、はじめて耳にして以来、時々私の心の中にも流れるようになりました。

 サライ(心の故郷)

"


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

最新のコメントです
プロフィール

千鶴 

Author:千鶴 
ブログの責任 千鶴QUIGLEY 渡米1985年 現在はイリノイ州の学生の町シャンぺーン
http://www.youtube.com/watch?v=ZAvO4BqpZAI

でアメリカ人の夫と2人の娘と1人の息子。
前向な信仰の後輩に励まされ、このブログを立ち上げることにしました。
 また、ソーシャルメデアは諸刃の剣(もろはのつるぎ)であるとの、信仰の先輩からの進言をも肝に銘じた上で、書く内容をよく吟味しながら、このブログを始めていきます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

にほんブログ村
  

QR code
QR
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

Display RSS link.